【ソウル聯合ニュース】韓国・ソウル中心部のソウル市庁前広場や世宗大路などで、秋夕(中秋節、今年は10月4日)連休期間の10月5〜8日に「ソウルストリートアートフェスティバル2017」が開催される。主催のソウル文化財団が20日、伝えた。

 期間中は韓国をはじめ英国、スペイン、アルゼンチンなどの47チームが計145回のストリートアート公演を繰り広げる。市民参加型公演、約1000人が参加する閉幕パレード、市民体験プログラム、専門家同士の交流プログラムなども予定されている。

 開幕作「ムアレ」は英国のロックバンドとスペイン・アルゼンチンのパフォーマンスチームが繰り広げる空中公演で、韓国のイ・スンファンバンドも出演する。閉幕作としては花火や炎を使ったショーが行われる。

 最終日の10月8日午後3時半からは、世宗大路で「日常からの旅」をテーマに大規模閉幕パレードが行われる。