オードリー

写真拡大

20日放送の「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)で、オードリー若林正恭春日俊彰IKEAを訪れて因縁の椅子に座った。

番組では、家具販売店「IKEA」の家具を特集し、オードリーらが新三郷店を訪れた。オードリーといえば、同番組でふざけてIKEAの椅子を壊してしまった苦い経験がある。昨年2月24日の同番組で630万回以上の耐久テストに耐えたという椅子に春日が座り、若林が横から大きく揺らしたところ椅子が壊れ、ふたりともども転倒したのだった。

そうした経緯があるだけに春日は「今日ここにいるのも大丈夫なのかなと思ってます」と緊張気味。ストアマネジャーが手を差し伸べると、オードリーにふたりは最敬礼しながら握手した。

その後、若林がひとり用の椅子を探しているということで、壊したものと同じ製品に遭遇。若林がわざとらしく「こういうのもあるんだ」と近寄っていくと、春日が「気をつけろ、気をつけろよ」と声を掛ける。若林はその声を無視して座るなり、身体を揺らし始めた。春日が「私が座ってみないとわかんないじゃない?」と言いながら若林と代わり、深々と座ると「お久しぶりです」と再会の”挨拶”をしたのだった。

しかし、オードリーの失態には思わぬ反響があったよう。ストアマネジャーは放送後に「お客さんがいっぱい来ていただいて、試していただいて、たくさん買ってもらいました」と明かし、若林と春日はホッとした表情に。その後、春日が壊した椅子は100キロの負荷をかけて797万回のテストが行われていることが紹介されると、若林は「(テストの負荷を)芸人ふたりにしたほうがいい」と悪乗りしていた。

番組終盤ではオードリーが椅子を壊してしまった視聴者プレゼントコーナーに移り、そこで今回もIKEAから同じ商品が提供されることに。春日が助走をつけてまたも豪快に座るかにみられたが、今回は寸前のところで尻を浮かす「空気椅子」を披露。スタジオは爆笑に包まれていた。

【関連記事】
春日俊彰がIKEA「壊れない椅子」を破壊→直後にニトリのCMが流れる偶然
オードリーが漫才でIKEAのイス破壊ネタを披露 スタジオは爆笑に
春日俊彰の口臭の実態が明らかに…番組スタッフが密告し医師が測定