画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●豊かな音を遠くまで響かせるオーディオ、力強く

パナソニックのハイエンドオーディオ、テクニクスブランドから、新製品となる「OTTAVA f(オッターヴァ・フォルテ) SC-C70」が10月20日に発売される。価格は10万円(税別)だ。SC-C70は、8月末にドイツで開催されたエレクトロニクスショー「IFA2017」でも欧州発売をアナウンスしており、今回、日本での発売スケジュールと価格、そして製品の詳細がベールを脱いだ。

「OTTAVA f」というペットネームは、いずれもイタリア語による音楽用語に由来するもの。「Octave(=オクターブ奏法)」になぞらえた、豊かな音を遠くまで響かせるオーディオというコンセプトと、「f(=フォルテ):強く」という演奏記号を掛け合わせている。コンパクトながら力強い音が鳴らせる、テクニクス初の一体完結型オーディオシステムだ。

本体サイズは450W×143H×280Dmm。ピュアオーディオクラスのCDプレーヤーやプリメインアンプを一回り小さくしたぐらいのボディに、CDやネットワークプレーヤー、アンプとDACに2.1chスピーカーシステムが一体になっていると聞けば、驚く方は少なくないだろう。

本製品の商品企画を担当したパナソニック アプライアンス社の小笠原亮氏は、「一体型とは思えないほど、広がりのある豊かな音場をテクニクスの高音質技術によって実現することが開発のテーマだった」と振り返る。また、「CDからハイレゾを含むネットワークオーディオ、音楽配信まで、多彩な音楽ソースを一台で楽しめる手軽さも魅力」と強調した。

実際、SC-C70で聴ける音楽ソースは多岐にわたっている。流行のハイレゾはネットワークを利用して、宅内のNASやPCに保存した音楽ファイルを再生できるほか、背面に設けているUSB端子にストレージをつないで聴くUSBオーディオスタイルでもいい。再生できる音源のファイル形式も、WAV / FLAC / ALAC / AIFFなどメジャーなものを一通りサポートするほか、DSD形式のファイルもリニアPCM変換によって聴くことができる。

スマホに保存した音楽があれば、Bluetooth機能を使ってワイヤレスリスニングを楽しむのもいい。オーディオコーデックはAACとSBCに対応する。iPhoneやiPadなら、Wi-FiにつないでAirPlayを使えば、一段といい音でワイヤレス再生ができる。

外部入力端子には、光デジタルやアナログ音声入力も備えている。テレビと光デジタルケーブルでつなげば、映画の音声もさらに迫力が加わる。ラジオはワイドFMとAMの聴取が可能だ。

ほかにも、Spotify Connectやインターネットラジオの機能を内蔵しているので、SC-C70で直接ネットワークストリーミングが受けられるのも魅力。ふだんからよく聴くラジオステーション、ストリーミングサービスは、本体やリモコンの数字ボタンにメモリーしておけば、毎度該当のコンテンツを辿らなくても簡単に再生がスタートできる。

●テクニクスのこだわり音質、最適な音空間セッティングも簡単

音質には、テクニクスならではのこだわりを盛り込んだ。通常の一体型完結オーディオシステムの常識を覆すような、合計100Wのパワフルなアンプとマルチスピーカー構成によって、40Hzから50kHzまでの広帯域な音楽再生を実現。2cmトゥイーターと8cmウーファー、12cmサブウーファーによる3ウェイ設計として、内部のデュアルロングポートが深みのある低域を再現する。

トゥイーターが再生する高域も豊かに広げられるように、フロント側に「Acoustic Lens」と呼ばれる特殊なディフューザーのようなパーツを配置した。テクニクス独自の高音質化ICチップ「JENO Engine」は、2.1ch構成のアンプのため合計3基を搭載する。

また、様々な部屋の環境に合わせて最適な音空間セッティングが簡単にできるように、「Space Tune」と呼ぶ機能も開発した。スマホアプリ「Technics Music App」のiOS版にアップデートで追加される新機能は、iPhoneやiPadに内蔵されているマイクで部屋の音響特性を測定して、SC-C70本体を設置する環境でベストなパフォーマンスを引き出すものだ。

プリセットで設けている「Free」(平置き)、「Wall」(壁寄せ)、「Corner」(コーナー置き)の3パターンに加えて、測定後のデータを1件保存できる「Measured」の4つを切り替えながら、宅内の色んな場所にSC-C70を置いて「いい音」を楽しめる。なお、Space TuneがAndroid版アプリでは対応しない理由は、Androidスマホやタブレットが内蔵するマイク、録音機能の性能に、バラツキがあるためだ。

さらに細かなポイントとして、3.5mmのヘッドホン出力も設けている。集合住宅に暮らすユーザーには朗報かもしれない。

パナソニックではSC-C70の発売直後から、購入者全員を対象にオリジナルのオーディオボードをプレゼントするキャンペーンを実施する。木材と金属を合わせた特殊な素材を5層に固めて重ねた制振性能の高いボードの上にSC-C70を置けば、本体の不要な振動をカット。ブックシェルフやオーディオ専用ではない棚の上などにSC-C70を設置する際に使ってみれば、驚くほど明瞭な定位と立体感を引き出してくれるはずだ。

このオーディオボードは、パナソニックがオーディオボードメーカーと共同で開発。「オーディオショップで購入すれば単体で2万円相当にはなる」(パナソニックの担当者談)というこだわりのアクセサリーは、2018年1月19日までに本体を購入後、同年1月31日までに応募したユーザーにプレゼントされる。

OTTAVA f(SC-C70)のサウンドを直に体験してみたい方は、9月21日からパナソニックセンター東京・大阪に開設されるデモスペースをぜひ訪れてみてほしい。また、9月29日(金)から東京国際フォーラムで開催される「2017 東京インターナショナルオーディオショウ」、11月11日(土)から大阪ハートンホテル南船場で開催される「オーディオセッション in OSAKA 2017」にも、テクニクスが本機を携えて出展するので、ぜひお見逃しなく。