『オペレーション・クロマイト』約2分のオープニング映像 朝鮮戦争についてのあらましを収録

写真拡大

 リーアム・ ニーソン出演作『オペレーション・クロマイト』より、約2分のオープニング映像が公開された。

動画はこちら

 本作は、国連軍最高司令官ダグラス・マッカーサーと、その指揮の下、命懸けの潜入作戦を決行した今は名もなき兵士たちの実話を基に、『私の頭の中の消しゴム』のイ・ジェハン監督が映画化した戦争アクション。朝鮮戦争の最中に、北朝鮮に対し当初劣勢だった戦局を一変させたと言われる“クロマイト作戦(仁川上陸作戦)”と、その先鞭をつけた北朝鮮への潜入作戦を描く。

 マッカーサー役を『愛についてのキンゼイ・レポート』のニーソンが演じるほか、キャストには、『新しき世界』のイ・ジョンジェ、『ビュー ティー・インサイド』のイ・ ボムスらが名を連ねる。

 このたび公開された約2分のオープニング映像は、9月15日の「クロマイト作戦」決行を前に、国連軍最高司令官ダグラス・マッカーサーが、東京港を訪れるシーン。1950年6月25日未明、北朝鮮軍が北緯38度線を越えて侵攻し、開戦となった朝鮮戦争についてのあらましが収められている。

 なお、『オペレーション・クロマイト』入場者プレゼントの配布が決定(※数量限定につき、無くなり次第終了)。プレゼントとして、“オリジナルデザインチラシ”が配布される。(配布劇場:シネマート新宿、シネマート心斎橋)(リアルサウンド編集部)