松山英樹【写真:Getty Images】

写真拡大

プレーオフ最終戦、PGAツアー公式が練習動画公開「ヒデキのスイングに感嘆する」

 米男子ゴルフのプレーオフ最終戦、ツアー選手権(イーストレイクGC)は21日(日本時間22日)に開幕する。逆転で年間王者へ優勝が必須な松山英樹(レクサス)は19日(同20日)に練習ラウンドに参加。スイング練習の様子をPGAツアーが公式ツイッターに動画付きで紹介し、世界のファンから「まるで“空手キック”のようだ」と反響を呼んでいる。

 公開された動画では、松山は進藤キャディとともに練習を実施。スイングの際に頭がブレないようにするため、進藤キャディがスティックで額の右側を押さえた状態でスイングした。映像はトップの位置で一瞬スローモーションになり、スイングの軸がまったくブレていないことが見て取れる。そして、通常速度に戻り、アイアンをキレイに振り抜いた。

 PGAツアー公式ツイッターは「瞬間的な一時停止、そしてヒデキのスイングに感嘆する」と題して紹介。映像を見たファンから「優れた資質のあるプレーヤー。彼の安定したグリーンは傑出している」「まるで“空手キック”のようだ! これぞヒデキのスイング!」「パワーに関しては紛れもなくトップ! まさに野獣だ!」と次々と反響を呼んでいた。

 フェデックスカップポイントの1位選手が年間王者と1000万ドル(約11億円)のボーナスを獲得する。プレーオフで不振が続く松山は現在7位。逆転1位には優勝が大前提となる。果たして、世界のファンをうならせたスイングで快挙を成し遂げられるのか。開幕は21日に迫っている。