「大塚はおかしい街」と言う女友達 「んなワケないだろ」と思ったが、写真を見て?

写真拡大 (全4枚)

山手線の大塚駅を中心に、東京都の豊島区南大塚から文京区大塚にかけての一帯は、一般的に「大塚」と呼ばれています。

都電荒川線の大塚駅前停留所があることでも有名ですよね。

※写真はイメージ

タケシ(@TA_K_)さんの女友達も、このエリアに住む1人。

下町文化が色濃く残る、大塚が大好きで、この街に住んでいるのかと思いきや…。

※写真はイメージ

「大塚はおかしい街!」

なんと自らが住んでいる街を「おかしい」と評しているというのです。

普通に考えれば「なぜ、そんなコトを?」と思ってしまいますが、タケシさんはその女友達から送られてきた写真を見て、納得します。

なぜなら…。

メロンとミカンを抱き合わせ販売中!!!

常人には理解しがたい組み合わせに驚いたタケシさんが、写真をTwitterに投稿するとさまざまなコメントが寄せられました。

えっ、なんで?一緒なら売れると思ったの?この発想はなかった!ただ、「大塚がおかしい」というよりも、「こんな方法でメロンとミカンを売る店がおかしい」が正しいよね。そのままフルーツポンチとして食べろってこと?いい意味で、おかしい街ですね!

かなり変わった売りかたではありますが、あまりにも斬新な方法に「大塚という街に興味を持った」という声も。

確かに、こんな遊び心あふれる店が存在する街なら、刺激的な毎日が過ごせそうですね!

[文・構成/grape編集部]