長友フル出場、伊メディアがチーム最高級評価 「アプローチが適切」「規則正しいプレー」

写真拡大

敵地ボローニャ戦は1-1ドロー チーム全体が低調な評価のなか、長友には称賛の声も

 インテルの日本代表DF長友佑都は、現地時間19日の敵地ボローニャ戦でフル出場し、1-1で引き分けた。

 試合後の採点を公開したイタリアメディアでは、勝利が欲しいゲームの引き分けにチーム全体が低調な評価だが、長友自身はチームトップクラスの評価を受け、寸評では称賛の声も上がっている。

 インテル専門のニュースサイト「FCインテルニュース」では、長友はスタメン出場の選手ではトップタイ3人に入る「6点」を与えられた。

「チームメートに対するサポートとしてアプローチが適切だった。集中力があり、ボールリカバリーも良いものがあった。ただし、(相手FW)ヴェルディがエンジンの回転数を上げた時には、マーカーとして困難な状況にも直面した。中盤でプレーするペリシッチをよく助けた」

 相手の好調なFWヴェルディには手を焼いたものの、チームの助けとなるプレーが高く評価された。また、前節クロトーネ戦での途中出場時に続き、左サイドハーフのMFイバン・ペリシッチとの関係性も上々と判断された。

 サッカー専門サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」も、長友にはフィールドプレーヤーでトップタイの「6点」を与え、「ボローニャのサイドアタックは不快さを与えるような相手だったが、日本人サイドバックは控えめになることなくプレーし、攻撃時には前方に規則正しいプレーを提供した」と、こちらも相手の攻撃陣に対して一歩も引かない姿勢を見せたことが評価されている。

熾烈な左SB争い、長友が上々評価でリードか

 サッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」は「5.5点」とやや厳しめの評価だが、寸評では「ペナルティーエリア内に入ってくるボールによく対応し、ダイアゴナルのパスでゴールに迫る場面もあった。だが、彼もまた困難に直面した」と、攻守ともにプレーの質は悪くないと評価されている。

 リーグ開幕5戦を終え、最初の2戦は長友、次の2戦は新加入DFダルベルトがスタメン起用と激しい争いになっている左サイドバックだが、この5戦目は長友のフル出場となり、プレーの評価も悪くなかった。長友としては、このままレギュラーを確保してシーズンを進めていきたいところだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images