ロマンスカー・EXEα(30000形)(写真: 小田急の発表資料より)

写真拡大

 小田急電鉄は、10月21日、22日の2日間、海老名駅隣接の海老名電車基地と商業施設「ビナウォーク」において「小田急ファミリー鉄道展2017」を開催する。

【こちらも】小田急、開業90周年記念サイトを開設中、90年の歴史を一挙に公開

 今年で17回目の開催となる「小田急ファミリー鉄道展」は、そもそも小田急グループの利用者を対象にした年に1度の大規模なイベント。小田急利用者や鉄道ファンなど例年およそ3万人の来場者に親しまれてきたが、今年はロマンスカー・SE(3000形)の就役60周年と小田急線開業90周年の2つを同時に記念した特別なイベントとなる。

 第1会場である海老名電車基地では、今年3月にリニューアルしたロマンスカー・EXEα(30000形)をはじめ、箱根登山鉄道乗り入れ用に特別塗装された通勤車両1000形と保守作業車・マルチプルタイタンパー、バラストスイーパー、レール削正車、レール運搬車、軌陸車、延線巻取車を展示。鉄道ファン垂涎の出し物となりそうだ。

 加えて、1992年に現役引退したロマンスカー・SE(3000形)の就役60周年を記念し、保存庫でのSEの車内見学会を行うほか、小田急線開業90周年の特別企画「小田急おもいで写真展」も開催。体験イベントでは、簡易運転台を使用し、「なりきり乗務員 みんなで出発進行!」と称して運転士・車掌体験ができるなど、大人も子供も楽しめる企画が盛り込まれている。

 第2会場となる商業施設「ビナウォーク」では、車掌DJ曲「MOTOR MAN」で知られるSUPER BELL"Z氏によるライブイベントや、鉄道アイドル・木村裕子氏のステージショーのほか、小田急海老名駅長やロマンスカー・VSE乗務員との撮影会、小田急グループのバス会社4社の車両展示とグッズ販売など、商業施設ならではの催しを企画。小田急の公式グッズショップ「TRAINS」では、昨年好評だったママ鉄アイドル・豊岡真澄氏の1日店長が今年も企画されているほか、鉄道模型走行会では「HOゲージ」、「Nゲージ」の走行する様子を見ることができる。

 「なりきり乗務員 みんなで出発進行!」と「ロマンスカー・SE車内見学会」のみ「小田急ファミリー鉄道展2017」特設ページの参加応募フォームから9月27日までに事前応募が必要だ。