ゴールを量産するバルセロナFWリオネル・メッシ

写真拡大

 エースへの称賛が止まらない。リーガ・エスパニョーラ第9節エイバル戦で4得点を奪ったFWリオネル・メッシに、チームメイトが賛辞を贈っている。

 前半21分にPKを沈めて先制点を記録したメッシは勢いに乗った。後半14分に巧みな左足シュートでゴールを陥れると、同17分にはMFパウリーニョとのパス交換からネットを揺らしてハットトリックを達成。それでも止まらず、同42分にはDFアレイシ・ビダルとのワンツーから左足で決めて、今季初の1試合4得点を記録した。

 開幕5試合で9ゴールと圧倒的な決定力を示すエースに対するコメントを、クラブ公式ウェブサイトが伝えている。

 今夏加入したDFネウソン・セメドが、「メッシはスペクタクルだよ。彼とともにプレーするのは名誉だし、常に驚かされる。異星から来ているようだ」と話せば、2試合連続ゴールを記録したMFデニス・スアレスは「メッシは世界一だ。すべてをこんなに容易にできる唯一の存在だよ」と称賛している。


●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集