レアル・マドリーMFイスコ

写真拡大

 レアル・マドリーとの契約を延長したMFイスコ。ライバルとなるバルセロナへの移籍が報じられるなど、交渉はスムーズに行われなかった模様だが、22年までの契約延長で書類にサインをした。

 スペイン『アス』によると、バルセロナからのオファーの有無を問われたイスコは、「いくつかのチームとは話し合いもしたし、オファーもあったよ。バルセロナとの契約について? そんなのありえないよ」と語ると、「だけど、どこからのオファーにも耳を貸すことはなかった」と続けている。

「最初から言っているけど、僕はレアルで成功することしか考えていない。確かにここでは悪かった時期もあったけど、良い記憶の方が多いんだ。僕はこれからも、レアルを勝たせるために努力していくよ」


●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集