日本限定アイテム

写真拡大

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」が、2018年クルーズコレクションの世界唯一のポップアップストアを南青山で開催する。会期は9月29日から10月12日まで。
 ポップアップストアでは、今年5月に滋賀県のミホ・ミュージアム(MIHO MUSEUM)で日本初開催となった2018年クルーズコレクションで発表されたアイテムを展開。ウィメンズのアーティスティックディレクターのニコラ・ジェスキエール(Nicolas Ghesquière)は本コレクションでデザイナーの山本寛斎に敬意を表しており、同氏がデザインしたアイコンやシンボル、歌舞伎の面や達磨などキャラクターをバッグやアクセサリーなどのレザーグッズにあしらっている。そのほか、プレタポルテやシューズのラインナップに加え、日本限定アイテムが他店舗に先駆けて発売される。
 2フロアから構成されるポップアップストアの1階では、同コレクションをイメージし、「和」や「祭り」からインスピレーションを得たインスタレーションを設置。ユニークでアート性の高い空間に仕上げている。