画像提供:マイナビニュース

写真拡大

仮想通貨「ビットコイン」を活用した決済サービスを23日より開始する。同サービスは、H.I.S.の首都圏内旗艦店、9拠点38店舗で開始する。

エイチ・アイ・エス(H.I.S.)が仮想通貨「ビットコイン」を活用した決済サービスを23日より開始する。同サービスは、H.I.S.の首都圏内旗艦店、9拠点38店舗で開始する。

2017年4月の改正資金決済法の施行により、ビットコイン保有者、使用可能な店舗が増加する中、H.I.S.は今後の市場拡大を見越し、国内ユーザーの利便性向上と新規マーケットへの対応を目的に、ビットコイン決済の導入を決定。国内の仮想通貨・ブロックチェーン企業であるビットフライヤー(bitFlyer)と連携してサービスを展開する。決済開始日は9月23日(新宿本社営業所のみ9月21日より先行導入)。

決済システム導入店舗は、H.I.S.の首都圏内旗艦店、9拠点38店舗。新宿本社営業所(15店舗)、渋谷本店(3 店舗)、銀座本店(6 店舗)、丸の内本店(3 店舗)、池袋本店(2 店舗)、Hawaii 新宿三丁目(2 店舗)、銀座コア営業所、六本木営業所、H.I.S.旅と本と珈琲とOmotesando 営業所(5 店舗)。決済上限は、1決済につき200万円相当のビットコインまで。

このほか、導入開始に先立ち9月21日より、H.I.S.新宿本社営業所において、サービス導入イベントおよびビットコイン決済限定商品の先行予約受付を開始。9月23日からは、決済システム導入店舗にてビットコイン決済限定商品を販売する(ソウル:3日間16,800円、ハワイ:5日間 69,800円)。さらに、東京ビッグサイトで9月23日〜24日に開催される世界最大級の旅の祭典「ツーリズム EXPO ジャパン」会場でも、ビットコイン決済専用ツアーを販売する。