右足使えたの!? 名手ロッベンの“逆足弾”に反響「立つためだけじゃ…」「機能すると証明」

写真拡大

ブンデス公式も動画公開、利き足とは逆の右足で決めた華麗な一撃が反響呼ぶ

 バイエルン・ミュンヘンは16日のブンデスリーガ第4節で日本代表FW武藤嘉紀所属のマインツと対戦し、4-0と快勝。

 この試合でバイエルンのオランダ代表FWアリエン・ロッベンが2ゴールを決めたが、ブンデスリーガ公式YouTubeチャンネルも後日動画を公開するなど、利き足とは逆の右足で決めた華麗なゴールが反響を呼んでいる。

 試合は開始11分に動いた。混戦からドイツ代表FWトーマス・ミュラーが放った一撃はロッベンに当ってゴールへ吸い込まれ、難なくバイエルンが先制。そして前半23分に、オランダの韋駄天アタッカーが魅せた。

 ドイツ代表DFヨシュア・キミッヒのスルーパスに抜け出したロッベンは一気に加速すると、左足でボールを巧みにコントロールしながらペナルティーエリアに侵入。相手GKが飛び出してくるのを見ると、利き足とは逆の右足でふわりとボールを浮かせる技巧的なシュートを放ち、この日2ゴール目を決めた。

 その後、ポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキの2ゴールもあり、最終的に4-0と完勝。危なげない試合運びもさることながら、それ以上に注目を浴びたのはロッベンが決めた“右足シュート”だった。

 ロッベンの母国オランダメディア「sportnieuws」は「それは驚きだった。アリエン・ロッベンが右足で決めた」と報道。2015年2月にブンデスリーガで決めて以来の右足弾に衝撃を受けたようだ。

「不公平なので右足を使わない」の声も


 
 また、ブンデスリーガ公式YouTubeチャンネルも後日、「ロッベンの右足ゴール、完璧なチップ(キック)」と題したプレー動画をアップ。すると、ファンから様々なコメントが届いている。

「彼の右足は立つためだけのものじゃないのか」
「アリエン・ロッベンは実際に機能する右足を持っていることを証明した」
「ロッベンは、不公平になるので右足を使わないことを選んでいる。彼がそれを発揮した時、何が起こるか見てくれ。破壊だ」
「年齢はただの数字だ」

 33歳の快速アタッカーが久しぶりに“右足弾”をお見舞いし、多くの人に驚きを与えたようだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】ブンデスリーガ公式YouTubeチャンネルで公開されたロッベンの華麗な逆足ゴール


ブンデスリーガ公式YouTubeチャンネルで公開されたロッベンの華麗な逆足ゴール