リバプール戦1G1Aの岡崎 英メディア称賛の嵐「レスターの鍵」「スピードと切迫さ注入」

写真拡大

途中出場で2-0勝利に貢献、英2大メディアで堂々のMOMに選出

 プレミアリーグのリーグカップ(EFLカップ)3回戦が現地時間19日に行われ、レスター・シティの日本代表FW岡崎慎司はリバプール戦で後半8分から途中出場すると、1ゴール1アシストと全ゴールに絡む活躍で、2-0の勝利に大きく貢献した。

 英衛星放送「スカイ・スポーツ」と英公共放送「BBC」という“英国2大メディア”で堂々のMOM(マン・オブ・ザ・マッチ)に選出されるなど、侍ストライカーは賞賛の嵐に包まれた。

 この男は誰にも止められない。後半8分、FWレオナルド・ウジョアに代わってピッチにたった岡崎が同20分、強豪リバプールを撃沈した。

 セビージャから加入したMFビセンテ・イボーラのポストプレーに、岡崎がタイミング良く飛び出すし、右足を一閃。シュートはジャストミートしなかったが、相手GKのタイミングを外す絶妙な効果を生んだ。岡崎らしさの詰まった泥臭い一撃が決勝点になった。

 同33分にはアルジェリア代表FWイスラム・スリマニのゴラッソをアシストした岡崎には試合後、数々の称賛が待っていた。

 スカイ・スポーツではMOMに選出された。

「ロバートソンとコウチーニョは前半輝きを放ったが、レスター勝利の鍵となることを証明したのは途中出場のオカザキだった。日本代表はフォクシーズ(レスターの愛称)の前線にさらなるエネルギーをもたらした。ゴールを決め、スリマニの2点目をお膳立てした」

イングランドサッカーの主役に

 リバプールのブラジル代表MFフェリペ・コウチーニョ、スコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンよりも輝きを放ったと評価されている。

「彼を投入できるのは我々にとってはボーナスのようなものなんだ。彼については熟知している。彼が入れば、周りの選手も前線からプレッシングをかけ始める。それは前半にできなかったことなんだ」

 クレイグ・シェークスピア監督はそう褒め称えた。ゴール以外にも、リバプールの名将ユルゲン・クロップ監督の基本戦術で、お株を奪うようなプレッシングでチームの勝利をもたらしたと評価されている。

 そしてBBCでもMOMに選出され、「シンジ・オカザキは先制ゴールを決めるまでわずか12分しかピッチに立っていなかった。ストライカーは前半苦しんでいたレスターのチームにスピードと切迫さを注入した」と、ゴール以外の働きが絶賛されている。

 岡崎がこの日のイングランドサッカーの主役となった。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images