結婚式の受付の服装はどうしたらいい?

写真拡大

結婚式や披露宴にただ招待され参加するだけなら気が楽であるが、スピーチをしたり、余興を頼まれるとお客さん気分は一転、主催側として緊張感が一気に増すことだろう。その中でも受付係をまかされたとなると、マナーに加え、服装も気になるのではないか。「教えて!goo」にも「結婚式の受付の服装について」と、質問が寄せられていた。そこで今回は結婚式で受付をする時の服装について、VIPなどのレセプションにも従事していたイメージコンサルタントの荒川泰子さんに聞いてみた。

■女性は華を添えつつ清楚な装いで

まずは受付係を女性がする場合の服装について聞いた。

「フォーマルな準礼装もしくは略正装が基本です。女性の場合、男性ほど準礼装と略正装の明確な線引きはありません。準礼装は肩の隠れる無地のドレスやワンピース、略正装なら華やかなワンピースやツーピーススタイルでもOKです。お祝いのお席なので淡い華やかな色が好ましく、鮮やかな色もポイント使いするのは問題ありませんが、派手過ぎる色やゴールドなどのラメ系のコーディネートは避けましょう」(荒川さん)

派手な服装は好ましくないが、きちんとした服装の中に華やかさを入れるとよいようだ。さらに、女性ならではの注意点があるという。

「受付を担当する場合はお辞儀などの動きを伴うことが多いので、ドレスの胸元のあき具合や裾丈にも注意が必要です。夕方以降なら肩やデコルテのあいた女性らしいドレスを着用するとよいでしょう。アクセサリーも昼間ならパールなどの落ち着きのあるものを、夕方以降ならキラキラ感のあるジュエリーで華やかさを演出します」(荒川さん)

受付の華ともなる女性には、鮮やかな色を使いつつも、清楚な装いが好まれるようだ。招待客への印象も意識したいものである。

■男性の基本の服装は準礼装、略正装

女性編で少し触れたが、男性は準礼装と略正装の明確な線引きがあるとのこと。具体的に受付係としてどのような服装が好ましいのかを詳しく聞いた。

「フォーマルな準礼装もしくは略正装が基本です。具体的に準礼装とは、ディレクターズスーツ、略正装とはブラックスーツを指します。どちらも無地の白いシャツ、シルバーグレーなどの光沢感のあるネクタイ、白いポケットチーフでコーディネートするのが基本ルールです。どちらにするかの目安は式場の格式や結婚式のスタイルを目安に判断するとよいでしょう」(荒川さん)

正礼装は新郎新婦の親族が着るもの。招待客として、式場の格式に合った装いがあるので、確認しておきたい。男性が服装で気をつけるべき点はあるのだろうか。

「久々に着たのか、サイズがあっていない方を見かけることがあります。事前に必ず袖を通してサイズや細部のチェックをし、必要であればサイズ直しなどのメンテナンスをしておきましょう」(荒川さん)

日常的に着るものでないので、サイズが合っていない場合もあるだろう。着る前に確認しておきたい。

■男女共通のNGとは?

今回は、受付の服装の基本ルールについてお伺いしたが、男女ともに気を付けたほうがよいポイントはあるだろうか。

「どんなにファッショナブルで高価なものであっても、結婚式のマナーにそぐわない服装やご両家の品格を落とすような独特の装いはNGです。白はウェディングドレスや白無垢をお召しになる花嫁の特別な色ですから、白のコーディネートは禁物です。黒やダークカラーの全身コーディネートもおめでたい席には不適切ですので避けましょう」(荒川さん)

受付係は受付にいる間、新郎新婦ご両親の代理として招く側の代表となる。主役は新郎新婦であることをわきまえた上で、季節感や時間帯を考えた身だしなみを心がけよう。そして受付係を頼まれた際は、装いはもちろん、笑顔で客人を迎えることを忘れずに。

●専門家プロフィール:荒川泰子
国内航空会社にて乗務し、退職後は国際イベントにて受付業務や、VIP接遇を担当。その後ロンドン大学にて文化人類学の修士号を取得。帰国後はダイヤモンドサロンにてPR業務と顧客接遇を担当し、現オフィス開業に至る。

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)