「隙がある女子は口説かれやすいと言われていますが、隙のある女子ってどういう女子のことですか?」

今回はこのご相談にお答えしたいと思います。

■美人は口説きづらい

以前、「隙は好き」と書いた記憶があります。つまり彼に、「あなたのことが好きだよ」という気持ちがわかりやすく伝わること、それが「隙のある女子」だと書きました。

この考え方は、あながちまちがっていないと今でも思っているのですが、おなじことばかり書いても、読者も飽きるでしょうから、今回は別の視点から「隙」について考えてみたいと思います。

今回は「隙がある女子は口説きやすい」というのは、ようするに男子の甘えではないか、というところから話を始めたいと思います。

**

多くの男子に共通する気持ちとして「美人は口説きづらい」というものがあります。この場合の美人とは、「おれが好きになった女子」というような意味です。男子にとって、じぶんが好きになった女子は、それがどのような顔であっても「みな美人」なのです。男好きのするグラビアアイドルのお顔だけが美人なのではなく、「みな美人」なのです。

つまり男子はそもそも、好きになった人のことを口説くのがすごく苦手です。口説くのがうまい男子とは、ようするに遊び人のことであり、ふつうの、あまり女子慣れしていない男子は、口説くのが苦手です。

■恋愛幼稚園から始めるふたり

多くの男子が「好きになった女子を口説く」というのを苦手科目だと思っているとどうなるかといえば、女子たちはつまらなく感じますよね。気になっている男子がいても、その人から口説かれることがない、ああ、つまらないな、というかんじで。

するとどうなるかといえば、ネットに「こうすれば口説かれやすくなります」という記事が出てきます。今の時代って、どんなサービスもまず「女子にやさしく」でしょ?

だから、つまらない思いをしている女子に対して、やさしいことを述べる記事が出てきます。つまり「こうすればモテますよ、隙のあるかっこうをすればモテますよ」という情報が瞬く間に広がります。

だから「隙のあるファッションとは」「隙のある女子のSNS活用テクは?」というようなことが、ネットに書かれています。が、元はと言えば、口説く勇気がない男が多いという、男にとって旗色がいいとは言いがたい事実があるだけですよね。

**

つまり男子が言うところの「隙がある女子」とは、「おれのために口説くハードルを下げてくれている女子」ということしか意味しないのではないか? ということです。

恋愛高校くらいから始めるといいものを、恋愛幼稚園から始めるふたり、というのは、いかがなものか? ということです。

もっともそれでいいと思う人は、彼のためにハードルを下げてあげるといいと思います。でも、ハードルを下げたくない女子は、なにもみずから「隙」なんか作らなくてもいいのでは?

少数かもしれませんが、いつの時代にも、しっかりした男はいます。そういう男は、万難を排して、あなたのことを口説いてきます。彼らは、ハードルが高ければ高いほど燃えるのです。(ひとみしょう/文筆家)

(愛カツ編集部)