「ミニスーファミ」の予約初日の行列(ヨドバシアキバ)

写真拡大

 1990年に発売した任天堂の家庭用ゲーム機「スーパーファミコン(SFC)」の手のひらサイズの復刻版「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン(ミニスーファミ)」の予約受付が9月16日に一斉にスタートした。当日の東京・秋葉原にある「ヨドバシカメラマルチメディアAkiba(ヨドバシアキバ)」には、早朝6時から200人以上の列ができた。

 予約は朝9時からだったが、受付開始前に予約可能人数を上回る人が押し寄せ、予約待ちの行列は、JR秋葉原駅の昭和通り口改札側にある店舗入り口から始まり、中央改札側の入り口前、北側の入り口前と、ヨドバシAkibaを半周以上囲み、最終的には店舗に沿って昭和通りまで伸びた。

 「Nintendo Switch」の供給も安定していないなか、新たな人気商品の出現の対応に追われる家電量販店だが、対策も講じている。16日のヨドバシAkibaでは、並んだ顧客対応のために各階のレジの一部をミニスーファミ予約受付カウンターとして使用。列を区切りながら各所に誘導し、対応した。

 一方、主要オンラインショップでは、受付開始直後に完売した。なお、同じく秋葉原に店舗を構えるビックカメラは、ミニスーファミの発売日の10月5日に、店頭販売すると告知している。

 任天堂は、2018年も続けてミニスーファミを生産すると発表しており、いわゆる転売需要による販売機会の損失を防ぐ。(BCN・南雲 亮平)