2度目の膝手術、長期離脱…復帰のギュンドーアンが明かす「最悪の日々」

写真拡大

『Mirror』は18日、マンチェスター・シティのドイツ代表MFイルカイ・ギュンドーアンのインタビューを掲載した。

昨季ボルシア・ドルトムントからプレミアリーグへ移籍してきたギュンドーアン。ジョゼップ・グアルディオラ監督から請われる形で、シティからは2000万ポンドという移籍金が支払われた。

しかし彼はいきなり前十字靭帯を断裂する重傷を負い、長いリハビリを余儀なくされることになった。

2度目の長期離脱ということで心配されたが、彼はついに先週末のワトフォード戦で途中出場を果たし、ピッチに復帰することに成功している。

彼は怪我からの日々について以下のように話し、サッカー選手として最悪の感覚だったと語ったという。

イルカイ・ギュンドーアン

「もうプレーできないのではないかなんて、思ったことはなかったよ。戻れるだろうと確信していた。

前十字靭帯断裂は一般的な怪我だ。だから手術をする。

医師もやるべきことを分かっている。フィジカルコーチもリハビリの方法を分かっている。別に特別なものはないんだ。

しかし、もちろん長いリハビリが必要だった。僕にとっては2度目の大きな膝の怪我だった。昨年と全く同じ状況に戻ったといえば、嘘になるね。

つまり、怪我を経験すると、同じような感覚ではいられない。世界で最もパワフルな人間だとは感じられない。

これまでそうだったとは言わないけどね!とはいえ、あのレベルに戻れるかどうかということに疑いはある」

【次ページ】他の選択肢なんかなかった

イルカイ・ギュンドーアン

「浮き沈みがある。それは当然だ。気分がいい日もあれば、悪い日もある。それは時々イライラもする。

疑いは大きくなる。しかし、正直に言って、僕には他の選択肢なんかありゃしなかった。

僕はサッカー選手だし、そうしてきた。18歳でプロになってから、人生のすべてをかけてきた。これが仕事だ。もう一度挑戦する以外の選択はない。

怪我からの数日は最悪だった。何が起こったかを理解してからね。6〜9ヶ月離脱する。最悪の感覚だった。手術の次の日も良くはなかった。

テレビやスタンドで試合を見ることは悲しかった。4〜5日おきにプレーすることに慣れていた。それから離れることは、常に残念だ。

奇妙な感覚だ。もはやグループの一員ではないのではないかと感じてしまうこともある。

チームとともに旅ができない。そして自分だけですべてをやるか、理学療法士やフィットネストレーナーと練習をする。

これは、サッカー選手として生きている上で最悪の感覚だよ。

長い時間だった。厳しかった。再びプレーするために頑張った。それが、今とても特別な感覚を受けている理由だよ。

前の2試合でメンバーに入れたが、プレーはできなかった。今回は数分出場できて、より満足したよ。チームのプレーもとても印象的だったね」

【次ページ】怪我は僕の一部

イルカイ・ギュンドーアン

「サッカー選手としてはできるだけプレーしたい。水曜日の夜はいいチャンスになるだろうが、決めるのは監督だからね。

僕の準備が整っていると思えば、グアルディオラは起用する。彼の選択を待つだけさ」

(アグエロやデ・ブライネ、ガブリエウ・ジェズスが好調だね)

「もちろん、すべてがよくなっているね。彼らとプレーできることもより楽しくなっている。

ここには多くのタレントがいる。しかし、シーズンは長いからね。厳しいし、チャレンジングだ。

すべての選手が必要になると思うよ。そして僕は戻ってくることができた。全てが自分にとってよりよいものになると思うよ。

試合に向けてどんな準備をすればいいかは分かっている。膝を温めてね。そして、出来るだけフィットするために全力を尽くすよ。

怪我とともに生きてきた。それももはや僕の一部だ。再びプレーする準備はできている」