スポーツマインドを高揚させる1台!

写真拡大

スズキは、小型乗用車の新型「スイフトスポーツ」を2017年9月20日に発売する。

「スイフトスポーツ」は、「スイフト」のスポーツモデルとして05年に誕生。日本のみならず欧州を中心とした海外市場において、走行性能を徹底的に高めたコンパクトスポーツとして高く評価されている。

優れた動力性能とハンドリング性能

3代目となる新型は、軽量化と走行性能を向上させた新型「スイフト」をベースに、日常における使い勝手の良さを確保しながら、より高性能なホットハッチバックに進化。最大トルク230N・mを発揮する1.4L直噴ターボのK14C型ブースタージェットエンジンや、軽量で高剛性の新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」を採用することで70kgの軽量化を実現するとともに、新開発サスペンションにより優れた動力性能とハンドリング性能を叶えた。

また、卓越した性能を感じる力強いデザインや、スポーティーなエキゾーストサウンド、専用セミバケットシートなどスポーツマインドを高揚させるような演出にもこだわった。

さらに、同社初採用となる車線逸脱抑制機能をはじめ、衝突時の被害を軽減する「デュアルセンサーブレーキサポート」をメーカーオプションに設定することで安全装備も充実させた。なお、セーフティパッケージ装着車は経済産業省や国土交通省などが推進する「セーフティ・サポートカー」の「サポカーSワイド」に該当している。

価格は183万6000円(税込)〜190万6200円(同)。