ゼロから始めるスマートフォン

Googleは19日(現地時間)、iPhoneやiPadなどで使えるiOS向けの文字入力(ソフトウェアキーボード)アプリ「Gboard」の最新バージョン1.11.0を提供開始し、日本語に対応させたとお知らせしています。

Gboardは、Google検索が統合されたキーボードアプリで、キーボード上の「G」ボタンをタップすると検索窓が表示され、キーボード上でGoogleのWeb検索ができるのが特長です。


Gboardの日本語対応は別アプリとして提供している文字入力アプリ「Google 日本語入力」を統合することで実現しています。Google 日本語入力は無料ながら高い変換性能や快適な使い勝手などで人気があり、これまでiOS版だけでなく、Windows版やmacOS版、Android版が提供されてきました。

GboardにGoogle 日本語入力が統合されたことにより、iPhoneやiPadなどのiOS搭載機種でもAndroidやWindows、macOSで愛用しているGoogle 日本語入力の変換性能がそのまま使えるようになりました。

またGboardはWメッセージアプリやメールなどのいろいろなアプリで使え、入力の最中にそのまま検索をして検索結果を貼り付けて共有できるので、例えば、レストランの場所や営業時間などを共有するためにメッセージアプリをいちいち閉じたり開いたりする必要がなくて便利です。

記事執筆:ゼロから始めるスマートフォン


アプリ名:Gboard
価格:無料
カテゴリ:ユーティリティ
開発者:Google, Inc.
バージョン:1.11.0
互換性:iOS 9.0 以降。iPhone、iPad、および iPod touch に対応。
iTunes Store:http://itunes.apple.com/jp/app/id1091700242?mt=8





■ゼロから始めるスマートフォン
■GoogleのiOS向けキーボードアプリ「Gboard」が日本語に対応。Google日本語入力を統合して実現 - ゼロから始めるスマートフォン

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Google Japan Blog: iOS版 Gboard が日本語に対応しました。