ゴレツカはシャルケの一員としてあり続ける

写真拡大

レオン・ゴレツカが近い将来、スペインサッカー界にやってくる事はないようだ。
FCバルセロナとレアル・マドリードの両クラブから関心を持たれているにも関わらず、このドイツ人選手はブンデスリーガで成長を続ける方が好ましいと考えている。

『Kicker』の報道によると、シャルケ04は来夏、契約が満了するレオン・ゴレツカと契約更新の締結に近づいているという。22歳のゴレツカは素晴らしいフィジカルと技術を兼ね備えたMFである。彼の最近の成長は著しく、ドイツA代表に招集されるに至っている。

バルサのテクニカルスタッフは彼を視察するために数試合、スタジアムに足を運んでいた。だが、バルサのトップチームの中盤は完全なオーバーブッキングを引き起こしているのも事実である。

また今夏中、彼の将来の行き先としてマドリーの名前も複数メディアに挙げられていた。クラブ・ブランコもスカウトマンがゴレツカの代理人と会談を行った事を認めていた。しかし、契約更新のオペレーションが順調に進んでいる現在、この若きドイツ代表選手の将来がスペインにあるというオプションは消え去っているようだ。