18日、中国の俳優ドン・チャオと女優スン・リーの夫婦が、東京の繁華街を手つなぎで歩く姿がネット上に登場すると、一部のユーザーから批判の声が上がった。資料写真。

写真拡大

2017年9月18日、中国の俳優ドン・チャオと女優スン・リー(孫儷)の夫婦が、東京の繁華街を手つなぎで歩く姿がネット上に登場すると、一部のユーザーから批判の声が上がった。聯合報が伝えた。

【その他の写真】

人気スター同士の仲良し夫婦、ドン・チャオとスン・リーがこのほど東京の繁華街を手つなぎで歩く姿が目撃され、その様子を捉えた写真がネット上に登場。目撃した人はスン・リーについて「実物もやっぱりすごい美人」と語っており、ネットユーザーの間では羨望(せんぼう)の声や、仲良しカップルを祝福する声が上がっている。

しかし一部のネットユーザーからは、「なぜこの日に日本にいるんだ?」と批判の声が上がった。9月18日と言えば1931年のこの日、満州事変の発端となる柳条湖事件が発生。日本が経営する南満州鉄道の線路が爆破されたものだが、当時は中国軍の犯行と発表されるも、実際は関東軍の謀略だったことがよく知られている。この日は中国で「国恥日」とも呼ばれるだけに、「わざわざこの日に東京なんて」「学校で習っていないのか?」「完全にバカップル」などといった批判コメントが寄せられている。(翻訳・編集/Mathilda)