ユベントス【写真:Getty Images】

写真拡大

 アメリカ・ニューヨークにあるユベントスサッカーアカデミーで9歳の男の子が死亡する悲劇が起きた。19日に米国メディア『ABC11』が報じている。

 同メディアによると、ユベントスサッカーアカデミーのプログラムの一環として高等学校で子供達のためのサッカースクールが行われたとのこと。そして、何らかの拍子にゴールポストが壊れ、トーマソ・セアーゼの頭を直撃したという。すぐさまルーズベルト病院に運ばれたが、重度の頭部外傷により帰らぬ人となった。

 練習は屋内で行われ、その場所にはユベントスサッカーアカデミー関係者3人と保護者3人の大人6人がいたが、事故を防ぐことはできなかったようだ。事故原因については現在調査中となっている。

text by 編集部