マグニチュード(M)7.1の地震に見舞われたメキシコの首都メキシコ市で、建物の倒壊現場で生存者の捜索活動を行う救助隊員ら(2017年9月19日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】メキシコの首都メキシコ市(Mexico City)一帯を19日に襲ったマグニチュード(M)7.1の地震で、同国政府は死者が138人に増えたと明らかにした。

 市民保護局のルイス・フェリペ・プエンテ(Luis Felipe Puente)局長は地元テレビ局テレビサ(Televisa)に対し、「悲しいことだが、138人が命を落とした」と述べた。メキシコ市で36人が死亡し、残りの人は市のすぐ南と西の地域で亡くなったという。
【翻訳編集】AFPBB News