ヘタフェ戦で負傷したデンベレ

写真拡大

FCバルセロナは今週19日火曜日、公式声明でウスマン・デンベレがサカリ・オラバ医師のもとで左脚の大腿二頭筋腱の損傷の手術を受けた事を発表した。

手術は成功した事が確認されている他、復帰までの見通し期間は早くて3ヶ月半になると付け加えられている。

【ハイライト動画】エイバル戦の『メッシ劇場』

以下がFCバルセロナが発表した公式声明である。
「トップチームの選手、ウスマン・デンベレはリカルド・プルナ医師およびサカリ・オラバ医師のもと、左大腿二頭筋腱断裂の手術を受け、無事に成功しました。おおよその離脱期間は早くて3ヶ月半です。」

デンベレはこの期間にリハビリを続け、2018年の初めにピッチへの復帰を目指す。
その期間、彼はバルサが2017年に残す20試合を欠場する事となる。