ナポリのMFロレンツォ・インシーニェ。左サイドからのクロスでチャンスを演出する【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

ナポリを見て死ね。ヨーロッパ屈指の美しいチーム

 17日、セリエA第4節が行われ、ナポリはベネヴェントを相手に6-0で大勝した。相手が昇格組であったとはいえ、その攻撃力をいかんなく発揮。ナポリ一帯の美しい風景を評した「ナポリを見て死ね」という言葉があるが、イタリア南部の都市にあるサッカーチームもヨーロッパ屈指の美しさを誇っている。(文:西部謙司)

----------

 Vedi Napoli, e poi muori. ナポリを見て死ね――それほど風光明媚ということなのだが、SSCナポリのサッカーも美しい。現在、ヨーロッパでも屈指の美しいチームだろう。

 4試合を消化した時点ではセリエA首位、15ゴールも最多。昨季は3位だったが94ゴールはやはり最多だった。6-0で圧勝したベネヴェント戦は相手が昇格したばかりとはいえ、前半で4ゴールを奪って早々に決着をつけている。

 ナポリの美しさはそのパスワークにある。ボールはきれいに人から人へ流れ、その間に周囲のボールを持たない選手も常にパスを受けられる場所へ流れていく。一時期、日本では「人とボールが動くサッカー」というフレーズが流行った。ナポリのパスワークはまさにそれだ。もっとも、人だけ動いてもサッカーにならないし、ボールだけ動かすのも難しいわけだが。

 ボール扱いに優れたプレーヤーは多いけれども、むしろ受けの技術が目を引く。「人とボールが動く」というと、めまぐるしくも激しい多大な運動量を連想するかもしれないが、ナポリの選手たちは決して急いでいないし速く走ってもいない。ちょうどいいタイミングで、ちょうどいい場所にいる。そのために必要な速度で移動しているだけだ。

「走る選手はダメな選手、走るチームは良くないチーム」

 かつてヨハン・クライフがそう言ったとき、多くの人は首を傾げた。走る選手は良い選手で、走るチームは良いチームだと誰もが考えていたからだ。しかし、例えば攻撃において走るのはパスを受けるためであって、走ることそのものは目的ではない。

「正しい瞬間に正しい場所にいること」(クライフ)

 それは走行距離にもスプリント回数にも表れはしない。ジャストなタイミングにそこにいるためには、むしろ走りすぎてはいけないのだ。バルセロナの走行距離やスタスタ歩いているだけのメッシを見ればわかる。ナポリを見ればわかる。

 その昔、英国でこんなサッカーの漫画があった。凄い勢いで走っている選手に観客が聞く。

「急いでどこへ行くんだ?」

 走りながら選手は答える。

「さあ、俺にもよくわからないんだ」

ナポリらしい3、4点目。定番の攻撃パターン

 ベネヴェント戦の3点目はナポリらしい得点だった。そして、インシーニェからメルテンスへつないでのゴールは、オーストラリア戦での浅野拓磨の得点を想起させた。

 左でインシーニェが右足に持ち替える、相手がラインを揃えようとした瞬間にメルテンスが飛び出し、インシーニェの右足からのクロスボールをGKの前で触って決めた。シュートの場所は違うが、左からのクロスにライン裏へ飛び出しての得点という経過が長友→浅野のゴールと同じなのだ。

 左サイドから繰り出すインシーニェからのクロスボールはナポリの定番で、多くは逆サイドにいる右ウイングのカジェホンを狙っている。右利きのインシーニェが右足の外側にボールを置いた瞬間が合図だ。

 インシーニェがこのクロスを蹴るときは、バックパスを受けるか自分で右足に持ち替えたとき。つまり、いったん下がったディフェンスラインが止まってラインを整えようとする瞬間に重なる。そこで生まれるライン裏の空白地帯を狙う。

 インシーニェは右足の外へ置いたボールを小さなステップだけで正確なロブを蹴る能力が高く、そのクイックモーションがDFに修正の時間を与えない。

 4点目。インシーニェが左サイドでボールを持った瞬間、中央のメルテンスは右手でDFの背後を示していた。ここへ蹴ってくれというサインだろう。しかし、インシーニェはオーバーラップした左SBのグラムへパス。グラムのプルバックを逆サイドから詰めたカジェホンが決めた。これもナポリらしいゴールだ。

 サイドを深くえぐってからの角度をつけたパスに対して、戻りすぎたDFは反応できない。誰もいないスペースへ転がしたボールには、いち早く狙いをつけたカジェホンだけがいた。正しい瞬間に正しい場所に。

謎の監督に率いられたスーパースターのいない準スター軍団

 昨季最多得点だったナポリの試合平均得点は約2.47だった。今季は4試合で15ゴールなので平均3.75である。もちろんまだ4試合やっただけで強い相手とも対戦していないので数字はこれから変わる。ただ、ナポリは得点力の高いチームであり、点を取りに行くプレーをしていて、そのための作法を身につけている。

 流麗なパスワークと破壊力はレアル・マドリー、バルセロナ、パリ・サンジェルマンに匹敵するレベルといっていいかもしれない。ただ、この3チームとナポリでは予算規模がかなり違う。ナポリにロナウド、メッシ、ネイマールのような選手はいない。イグアインはいたがユベントスに引き抜かれ、苦肉の策が昨季のメルテンスのCF起用だった。

 ナポリはビッグクラブではあるけれども、もっと予算規模の大きなクラブは他にもある。やろうと思えば、たぶん他にも“ナポリ”になれるチームはある。その気がないのか、その方法を知らないのかはわからないが。

 監督はマウリツィオ・サッリ、58歳、元銀行員。ナポリを率いて3シーズンめ。元銀行員のキャリアは異色だが、指導者として30年近いキャリアを積んでいるので銀行員だったのは遠い昔の話だ。ほとんどは下部リーグ、5試合や6試合で解任された経験もある。

 6部リーグからスタートした地味な監督が突然脚光を浴び、指揮下のクラブは華々しいプレーで注目を集めている。元銀行員、カルチョの監督、愛読書がチャールズ・ブコウスキー。人柄はよく知らないが、もうこれだけでも興味をそそられる支離滅裂さである。

 謎の監督に率いられたスーパースターのいない準スター軍団、古くからあるサッカーの文法に則った保守系でありながら冒険的。死ななくてもいいが、ナポリは見ておいて損のないチームだと思う。

(文:西部謙司)

text by 西部謙司