画像提供:マイナビニュース

写真拡大

富士急行は9月29日、プレミアムフライデーを楽しみ尽くすビール列車「プレミアムフライ電」を運行する。同車両では、電車内で富士山の天然水を使用した「ふじやまビール」が飲み放題になるほか、さまざまな特別企画を用意。走行中の電車内でビールを飲むという、普段味わえない非日常体験を楽しめる。

プレミアム「フライ」デーに合わせ、富士急行線沿線の名物揚げ物を用意。河口湖の人気店「ふるやのコロッケ」、こだわりの肉を使った旨味たっぷりの「大西肉店のメンチカツ」、谷村駅内に店舗を構える隠れた名店「文化飯店のからあげ」、一本ずつ手づくりしている大月の「中込精肉店の串かつ」など地域の名物フライが揃い踏みとなる。さらに、それぞれのフライは最寄り駅から揚げたてをデリバリーする。

終点の大月駅に停車中(18時11〜50分)も、車内で生ビールが飲める「居酒屋電車」として営業。富士急行線の乗車券または定期券を所持していれば、プレミアムフライ電に乗車した人以外も利用できる。価格は1杯税込400円。プレミアムフライ電車利用者は、引き続き飲み放題となる。なお、フライ類の提供はなし。

さらに、快速富士山として運転するJR189系と富士急行線を走る名車たちの撮影会を実施。数の少ない貴重な列車が富士山と共演する姿を楽しむことができる。

開催日時は、9月29日16時30分集合、16時53分発車。河口湖駅発16時53分→富士急ハイランド駅→富士山駅→谷村町駅(休憩)→大月駅着18時11分。なお、人数に限りがある。また、乗車には予約が必要。集合場所は、富士急行線河口湖駅改札前。富士急ハイランド駅・富士山駅で乗車の場合は予約時に申告する。復路の時刻は、大月発19時→都留市→谷村町→都留文科大学前→三つ峠→富士山→富士急ハイランド→河口湖着20時25分。

料金は、税込3,900円。料金に含まれる内容は、ビールの飲み放題、富士急行線沿線の名物フライ(4品)、プレミアムフライ電の乗車券、富士急行線各駅までの帰りの乗車券。お茶などソフトドリンクも用意する。ドリンク、おつまみ類の持ち込みは自由。予約は、富士急行線富士山駅(プレミアムフライ電係)にて。満員になり次第、締め切りとなる。