内田篤人が移籍後初のフル出場もチームは5戦未勝利…《ブンデスリーガ2部》

写真拡大

▽19日にブンデスリーガ2部第7節が行われ、ウニオン・ベルリンはザントハウゼンと対戦し0-1で敗れた。DF内田篤人は加入後初となるフル出場を果たしている。

▽前節のブラウンシュバイク戦でベンチ入りするも出場機会がなかった内田だったが、この日はスタメンとして右サイドバックでプレー。

▽試合は前半をゴールレスで終えると、迎えた55分、相手右サイドのスローインから逆サイドにボールが流れ、最後はパカラダが放ったミドルシュートがネットを揺らしてザントハウゼンが先制。内田はフル出場を果たたものの、試合はこの1点が決勝点となり終了。勝利したザントハウゼンは暫定で首位に浮上した。一方、敗れたウニオン・ベルリンは5試合未勝利となり、暫定で9位となっている。