チェコ北東部・ドブールクラーロベ動物園で焼却されるサイの角(2017年9月19日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】チェコ北東部にあるドブールクラーロベ動物園(Dvur Kralove Zoo)で19日、サイの角33キロ以上が焼却された。フランスの動物園でシロサイが密猟者に射殺され、角を奪われたことを受け、同園では密猟対策として希少なサイの角を短くする措置を講じており、今回燃やした中には一部そうした角も含まれている。

 同園は、サイの角を燃やすことによって密猟に強く抗議したいとしている。
【翻訳編集】AFPBB News