短期留学での経験をきっかけに感じた思いをどう仕事に結び付ければよいのでしょうか…(写真:tkc-taka / PIXTA)

→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

高校に入ってからというもの、たちまち1年が過ぎ2年生になり、自分の将来のことについて考えてもうまく進路とつながらず困っております。2年生の夏といえばオープンキャンパスです。単刀直入に言うと、そこで、自分がどこの大学のオープンキャンパスに行きたいのか、決まっていません。しかし、単に将来がまったく決まっていなくて不安に感じているということではありません。
私は今年の2月にフィリピンに短期留学(1週間)に行きました。内容からいうと、貧困層の子どもたちの教育環境を肌で感じる国際交流、私立と公立学校の違い、また、JICAのゴミ処理施設の見学です。
私はこの研修で何度も自分を見つめ、深く考えさせられました。貧困層の子どもが世界にいる。この事実がどれほどのことなのか、実際に見える貧富の差がこんなにも大きく、貧しくても一生懸命生きている子どもたち。ニュースや新聞で見ているようで、本当の意味で見えていなかった世界の現状。私はこんな自分自身にひどく落胆しました。
また、一方でフィリピンの人の社交的で笑顔を絶やさない人間性、先進国といわれる日本に欠けている、日々の生活への感謝と勉強への向き合い方。あんなに熱い気持ちになったのは初めてでした。今すぐにでも解決しなければならない問題は山のようにある。しかし、いったい自分はその問題にどのようにかかわっていけば解決につながるのか? 自分の将来と重ねて考えても答えが出ません。また、何をしようにも世界規模の大きな力が必要だと思いました。このまま何もできない、そんな無力感と、自分が日本で暮らしていることに罪悪感を感じます。この研修に行く目的として、自分は今後の将来のために何か1つでも学んで持ち帰り、日本でこの研修を意味あるものにしたいと思っていました。
私はなにを得てきたのだろうか? 自分を見つめ直す機会でしょうか。物事を違う角度から見ることができるようになったことでしょうか。私は自分が恵まれた環境で生活しているのを再認識したこと。そして、将来、この人たちを助けたいと決意したこと。ボランティアは継続していくものではない。ボランティアはいつかなくならなければならない。貧困層の人たちに支援ではなく変化を与えなければならない、と思いました。
また、私は日本に帰ってきてから、私はこの研修を家族友達に伝えるときこのような壁とぶつかりました。自分の思いを本当にあの熱い衝動とともに共感してほしい。
私たち日本人は責任がある立場にいると思います。だからこそ、勉強は必死にやる必要があります。勉強をしたいと望む世界中の子どもたちが満足に勉強できる世界をつくる! この、一助となるために。将来私はどのようにこの思いを仕事に結び付ければいいでしょうか? 人生設計についてやアドバイスをください。感想でもうれしいです。よろしくお願いします。
高校生 友野

具体的経験はあるのに伝えられない


この連載の記事一覧はこちら

高校生という若いうちに非常にいい経験をされましたね。自分が常識だと思っていることと対極の体験をすることは、どんなことであれ自分自身の日常を客観視できるという意味において非常に大切なことです。高校生という若いうちに、そういった体験をした友野さんにはぜひその今の気持ちを忘れずに、今後の人生を歩んで行っていただきたいと思います。

さて、その思いをどう仕事に結び付ければよいか、との問いですが、まずは友野さんとして感じた「思い」とは何ぞや、を問う必要があります。

頂戴した文章を拝見するに、おそらくそれはフィリピンにおける経験をきっかけに感じた「世界には格差が存在し、自分は相対的に恵まれた環境にいる」という認識からくる思いと、「自分が見て感じたことを自分なりの言葉でもって世の中に伝えたい」というコミュニケーション面での思いだと思われます。

この2つをつなげると、「具体的経験はあるのに伝えられない」というもどかしさ、ということになろうかと思われます。

そう考えますとおそらくですが、伝えられないのはたった1つの具体的事例「しか」知らないからだと思われます。

全体感や相対感を学ぶ

たとえは異なりますが、実はこれ、20代前半から中頃に私自身が仕事を通じてもっていた危機感とまったく同じです。

私は卒業後すぐに当時としては珍しいベンチャー企業に飛び込みましたが、ベンチャー企業は大企業と違って研修があったり、仕事を教えてくれる人がいるわけではありません。したがって、自分自身でわからないことを勉強したり調べたりしながら自己流で仕事をこなしてきたわけです。

自分個人としてはそれでよかったのですが、一方で抱えていた不安は、「はたしてこのやり方は一般的なのか」ということと、「他社やほかの事例でも通用するのか」といったものでした。

そしてそれゆえに、簡単な表現でもって他者に自分がやってきたことを伝えることへの不安も持ち合わせていたのです。

なぜかというと、自分自身の経験からくる具体的事例は持っているものの、「全体感や一般論が不在」なゆえに、相対感をもって相手に伝えることができないと思ったからです。全体感を持ち合わせていないと、自分の経験を咀嚼(そしゃく)したことにはなりませんし、咀嚼できないと簡単な表現でもって他者に伝えることはできません。簡単な表現でもって伝えることができないと、人は話を聞いてはくれません。

したがって、私は自分自身の中できちんと経験を咀嚼し、もって他者へも伝えられるようになるために、「知識と経験の棚卸」と発展を図るべく、一般論やほかの事例を知り、自分の経験と結び付けるべく海外のビジネススクールへ行き、その後、戦略コンサルに入ったわけです。

さて、これを友野さんのケースに当てはめますと、フィリピンにおける経験という1つだけに偏っているがゆえに、たとえばフィリピンにおける貧困は世界において相対的に見てどの程度なのか、そしてそれはどの程度深刻なのか、国や民間団体はそれに対してどのような対策を練っているのか、といった相対感や全体感が不在であるがゆえに、自分の経験を高いレベルで咀嚼できておらず、そのため言葉にして伝えることができない、ということになろうかと思います。

聞くほうも「フィリピンにおける貧困ってすごいんだよ」と漠然と言われるよりは、世界何位とか、人口に占める貧困率とか、そういった客観的データなどを併せて説明されたほうがピンとくるのはおわかりだと思います。

したがって、仕事に結び付けるという前に、フィリピンにおける経験をより深いレベルで咀嚼し、本当に理解する必要があります。

友野さんが真剣にそういったことに携わる仕事をしたいと考えるのであれば、大学ではそのような分野の全体感や相対感を学べるようなことを勉強されるのがいいのではないでしょうか。

フィリピン以外の事例を知る、取り巻く環境を知る、かかわる政策や法律、そもそもどういった関係者が存在し、誰が何をやっているのかなど、深く理解しようと思ったら、知るべきことがたくさんあるでしょう。

そういったより幅広い勉強をしたり、経験をできるのが大学という場です。つまり、大学での学びを通じて将来自分がどのようにそういった問題に携わりたいのか、何ができるのかなどを探究するのがまずはいいのでしょう。

物事を深く理解する

繰り返しですが、物事を深く理解するためには具体的事例だけでは物足りません。それだけでもって「わかったつもり」になっても頭でっかちになるだけです。

反対に、学校の勉強だけをもって「わかったつもり」になっても、これまた頭でっかちになるだけです。

理論(学び)と実践(経験)の両方があって初めて、物事を深く知ることができ、物事を深く知ることができて初めて、他者にも簡単な表現で伝えることができるようになるものです。

友野さんがフィリピンでの経験に加え、大学での学びを通じて将来の仕事を決め、今の熱い思いを形にされるであろうことを応援しております。