ドルトムント監督、リーグ戦無失点を誇る鉄壁の守備に手応え「誇らしい」

写真拡大

リーグ戦4試合を消化して3勝1分で首位、10得点無失点にボス監督も手応え

 日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは、ブンデスリーガ開幕4試合を終えて3勝1分の勝点10で首位に立っている。

 ここまで10得点という攻撃力はもちろん、際立つのはいまだ無失点を誇る鉄壁の守備だ。今季からチームを率いるペーター・ボス監督も「誇らしい」と称えている。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」が報じた。

 ドルトムントは開幕戦でヴォルフスブルクに3-0、第2節でヘルタ・ベルリンを2-0で下して連勝スタート。第3節のフライブルク戦はスコアレスドローに終わったものの、先週末に行われた第4節ケルン戦は5-0と大勝した。

 UEFAチャンピオンズリーグのトットナム戦では1-3と力負けしたものの、リーグ戦は10得点0失点という成績でチームは首位を走っている。この結果には、ボス監督も満足しているようだ。

「良い守備がなければタイトルは勝ち取れない。4点取っても5失点するようでは勝てないし、タイトルを目指す上では問題だ。ブンデスリーガではいまだ無失点ということに私は満足しているし、誇らしいよ」

昨季は格下相手にも不用意なプレーで失点

 記事では、就任1年目のオランダ人指揮官はこう語っている。

 昨季、トーマス・トゥヘル前監督の下では格下相手にも不用意なプレーから失点するシーンが散見されていたドルトムントだが、新体制ではここまで無失点を続けている。

 タイトル奪取のために「守備の安定」を最低限の条件として挙げているボス監督。故障者の多さに悩まされているとはいえ、チーム作りの初期段階には手応えを感じているようだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images