レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督【写真:Getty Images】

写真拡大

 レアル・マドリーは同クラブのジネディーヌ・ジダン監督と契約延長に合意したようだ。

 現地時間19日に行われた記者会見でジダン監督は「契約延長が決まった。私は満足している」と発表した。続けて同監督は「私は先を見ることはしない、日々の仕事だけに集中する」と今後の意気込みを語った。

 なお、この記者会見では具体的な数字は発表されなかった。しかし先月スペイン紙『アス』がマドリーは今季限りで契約が切れるジダン監督との契約を今回新たに2020年まで延長することで合意したと報じていた。また年俸も現在の435万ユーロ(約5億6000万円)からボーナスを含め800万ユーロ(約10億3000万円)と2倍近く引き上げられる模様だ。

 2016年、2017年と史上初のチャンピオンズリーグ(CL)連覇の偉業を成し遂げたジダン監督。選手としても2001年から2006年までマドリーのユニフォームを着てプレーしCL優勝1回、リーグ戦でも1度優勝するなど輝かしい経歴を持っている。今回の契約延長でジダン監督は今後どれだけのタイトルを増やすことが出来るのだろうか。

text by 編集部