ウニオン・ベルリンの内田篤人【写真:Getty Images】

写真拡大

 現地時間19日、ドイツ・ブンデスリーガ2部の第7節が行われ内田篤人が所属するウニオン・ベルリンはアウェイでザントハウゼンと対戦した。試合はウニオンが0-1で敗れた。

 内田は右サイドバックで移籍後初の先発出場を飾った。なお先発出場は2015年2月28日に行われたブンデスリーガ第23節の対ドルトムント戦以来となった。

 試合は両チームとも大きなチャンスが作れない中、55分にザントハウゼンのDFレアート・パクラダのゴール正面約20m地点から左足で打ったミドルシュートが決まる。結局これが決勝点となりウニオンはアウェイの地で敗戦、これで5戦勝ちなしで暫定ながら順位も一つ下げ9位となった。

 内田は前半こそ見せ場なく終わるが、後半になると積極的に攻撃参加を見せる。守備面でも相手のスルーパスに対するカバーリングや1対1の場面で冷静な対応し同サイドを崩されるシーンはほとんどなかった。

text by 編集部