中島翔哉は救世主かも…ポルティモネンセ監督が有り難がる

写真拡大

『SAPO』は18日、「ポルティモネンセのヴィトール・オリヴェイラ監督は、フェイレンセ戦の勝利について語った」と報じた。

18日に行われた試合で、フェイレンセに2-1と勝利したポルティモネンセ。得点はどちらもホームデビューを飾った中島翔哉によるもので、彼はこの試合の最優秀選手にも輝いている。

ヴィトール・オリヴェイラ監督は、終盤にフェイレンセのシステム変更に苦戦したことを認めつつ、公正な勝利だったと語った。

また、大活躍のデビューとなった中島翔哉については以下のように話し、天からの贈り物になる可能性があると評した。

ヴィトール・オリヴェイラ

「中島翔哉について言えば、彼は進化のプロセスの中にある。そして、それは重要だ。

特に、我々が施行している攻撃的なサッカーのクオリティという点においてはね。

彼は豊かなスピードを持っており、テクニック的にもよく開発されている選手だ。

とてもユーティリティ性があり、素晴らしいドリブルの技術がある。さらに爆発力があり、いいフィニッシャーでもある。

これは楽しいサプライズだったし、もし適応できればありがたいことだよ。このチャンピオンシップで神の恵みになるかもしれないね」