北朝鮮の内閣機関紙・民主朝鮮は19日、署名入りの論評で「米国と敵対勢力の反共和国圧殺野望を丸ごと粉砕する」と主張した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、国連安全保障理事会が制裁決議2375号を採択したことに対して、「自分らが取る行動がどんな途方もない破局的結果をもたらすかについて判別してみる精神的余裕と能力に欠けた者らの愚かな妄動である」と糾弾した。

また、「制裁措置では何も得るものがないということをはっきり知っていながらも、古びて駄目になり、自分の機能を喪失して久しい制裁などに命脈をかけて愚かに振る舞う米国の醜態におぞましさに先立って笑止千万さを感じる」と述べた。

さらに、「米国が反共和国制裁騒動に執ように執着する理由は他にあるのではない。われわれの自主権と生存権、発展権を抹殺することによって自分らの対朝鮮圧殺野望をなんとしても実現してみようとするのが、米国が制裁騒動を通じて狙っているものである」と指摘した。

その上で、「わが軍隊と人民は今後も、並進の霊剣をしっかりとらえて最後の勝利を目指して怒涛のごとく突き進むことによって、米国と敵対勢力の反共和国圧殺野望を丸ごと粉砕するであろう」と主張した。