【動画】ハメスがバイエルン加入後初ゴール…全3得点に絡む活躍でシャルケ撃破に貢献

写真拡大

バイエルン・ミュンヘンのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスが、ついに加入後初ゴールを奪い、シャルケ戦勝利に大きく貢献している。

バイエルンは19日、ブンデスリーガ第5節でシャルケと対戦。ハメスはライバルになると見られたトーマス・ミュラーとともに先発出場を飾った。

すると25分、ボールを受けたハメスが左サイド深くからクロスを送る。一度はDFにカットされたが、その後ビデオ・アシスタントレフェリー(VAR)によって、DFの手に当たっていたとしてPKの判定に。これをエースのFWロベルト・レヴァンドフスキが落ち着いて沈め、先制点を奪う。レヴァンドフスキは今シーズン早くも6ゴール目となった。

さらに直後の29分、相手のスローインをカットしたバイエルンがレヴァンドフスキ、コランタン・トリッソとボールをつないで、右サイドのハメスへ。キーパーとの一対一を冷静に見極めたハメスが、左足でニアを抜き、ついに加入後初ゴールを挙げた。チームにとっては大きな追加点となっている。

後半の75分にもハメスは、ゴール前の密集地帯でチアゴ・アルカンタラからボールを受けると、巧みにキープしながら、浮き玉でシャルケのディフェンスラインを突破。このパスに抜け出したのはアルトゥーロ・ビダルで、ダイレクトの右足ボレーでネットを揺らして、ハメスが3点目をお膳立てしている。

結局、ハメスの活躍もあり、3−0で逃げ切ったバイエルンが公式戦3連勝を達成。勝ち点を12として、暫定ながらブンデスリーガの首位に立っている。