パウリーニョが2試合連続ゴール

写真拡大

リーガ・エスパニョーラ第5節、カンプ・ノウFCバルセロナ対SDエイバルの一戦が19日22:00(日本時間20日5:00)にキックオフを迎えた。

5試合連続先発出場を果たした乾貴士擁するエイバルは、前半開始してすぐに決定機を作るも生かすことが出来ず、バルサがPKを決めて1-0に、さらにコーナーキックからパウリーニョが頭で合わせ2-0でハーフタイムを迎えた。
後半に入ると、バルサのゴールラッシュが生まれる。
パウリーニョに続いてデニスが2試合連続ゴールを決めると、メッシが4ゴールを決め6-1で試合は終了。

バルサは新戦力のパウリーニョが早くもチームに溶け込み結果を出した。そして、若手のデニス・スアレスが昨シーズン以上に切れたプレーを見せ、マドリーのマルコ・アセンシオに負けない質の高いプレーを披露している。
4ゴールを決めたメッシは早くもリーガで9得点を決め、得点ランキングで独走状態。

乾貴士はシュートチャンスがあったがセメド等にきっちり阻まれてしまった。

試合開始3分でエイバルが絶好の決定機を迎える。
エイバルのエンリクが味方のスルーパスに飛び出し、GKと一対一に。得点を決めるチャンスだったがバルサのGK、シュテーゲンに止められ得点ならず。

ポゼッション高く試合を展開するエイバルに対してバルサはセメドが相手ペナルティーエリア(PA)内で仕事をする。
前半20分、セメドがワンツーでPA内に切り込むとエイバルの選手が後ろからボールを獲りに行くが届かず、セメドの足にかかりバルサがPKを獲得する。
キッカーのメッシがゴール右に鮮やかに決めバルサが先制。(1-0)

27分、乾が味方のパスをバルサ陣内近くで受け取るとシュート、ボールはDFに阻まれコーナーキックに。

バルサは攻め手を探っているとコーナーキックを獲得、基本的にセットプレーのゴールが少ないバルサだが、ここで新加入の選手がゴールを叩き込んだ。

前半38分、デニス・スアレスが蹴ったコーナーキックに走りこんだパウリーニョが頭で合わせゴールに突き刺した。(2-0)
パウリーニョはヘタフェ戦に続き2試合連続のゴール。

ハーフタイムを終えて選手交代はなし。
後半開始8分、メッシが中央で切り込むとPA付近からシュート、ボールはGKに弾かれると左サイドにいたデニス・スアレスがこぼれ球を受け、ニアサイドを狙ったシュートがゴールに入る。(3-0)
パウリーニョに続いてデニス・スアレスも2試合連続ゴールとなった。

3点差にされたエイバルだがすぐさま1点を返す。左サイドからのクロスをエンリクが飛び込み2点差とした。(3-1)

だがバルサの王様がエイバルの盛り上げを得点ラッシュで黙らせる。
エイバルにゴールを決められた6分後の後半14分にブスケツの横パスがメッシに通ると、ゴールへパスをするかのようなシュートがゴール右隅に決まる。(4-1)

さらに3分後、パウリーニョとのワンツーで抜け出したメッシがDFを背負いながらもPA内でドリブルで持ち込み、泥臭くゴールを決めた。(5-1)

後半17分、バルサはイニエスタに代えてセルジロベルトを投入。

後半20分、バルサはブスケツを代えてラキティッチを投入。

後半41分、エイバルのペニャが右サイドをドリブル突破、ゴール右に鋭いシュートを放つが、ポストに当たりゴール内側を通りすぎてしまった。

後半42分、メッシがビダルの折り返しのパスをきっちり決める。(6-1)
これでメッシは驚異の4ゴール目。

両チームの先発メンバーは以下の通り。
【FCバルセロナ】
■GK
テア・シュテーゲン

■DF
ディニュ
ピケ
マスチェラーノ
セメド

■MF
ブスケツ
パウリーニョ
イニエスタ

■FW
デニス・スアレス
メッシ
デウロフェウ

【SDエイバル】
■GK
マルコ・ドミトロヴィッチ

■DF
アレックス・ガルベス
ダビド・フンカ
パウロ・オリヴェイラ
アナイツ・アルビージャ

■MF
乾貴士
ダニ・ガルシア
ジョアン・ジョルダン
ゴンサロ・エスカランテ
アンデル・カパ

■FW
セルジ・エンリク