画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●風光明媚な土地で生まれる「伊達モデル」

福島駅から阿武隈急行に乗って約20分。そこから徒歩10分の場所に、富士通のデスクトップPCの生産を行なう富士通アイソテックがある。

年間100万台の生産規模を誇り、ここで作られたデスクトップPCは、「伊達モデル」として、国内生産ならではの品質と迅速な供給体制が特徴だ。また、富士通アイソテックでは、デスクトップPCのほかにも、PCサーバー、POS、プリンタなどの生産も行う。PC市況は、個人向けPC需要が低迷する一方で、法人向けPC需要が上向き傾向にあり、こうした需要変動にも柔軟に対応できるのが富士通アイソテックの特徴でもある。同社を訪れ、富士通のデスクトップPCの生産へのこだわりを追った。

○風光明媚な土地に立つ、100万台規模のPC生産拠点

富士通アイソテックがある福島県伊達市は、伊達氏発祥の地として、また全国有数の桃の産地として知られる。西に阿武隈川、東に阿武隈高地を配する、風光明媚な場所だ。

2011年3月の東日本大震災では、震度6弱の地震に見舞われ、2日間に渡って、生産棟に立ち入りができないほどの被害を受けたが、約2週間後にはデスクトップPCの生産を再開するという底力をみせた。

現在、富士通アイソテックでは、富士通製デスクトップPCを生産。富士通製のPCサーバーとあわせて、年間100万台規模の生産能力を持つ。また、シリアルインパクトプリンタやサーマルプリンタを製造。同社が持つ精密加工技術を生かして、溶融金属積層方式を採用した金属3Dプリンタも独自開発している。2016年度からは、富士通フロンテックで行っていたPOSの生産も開始しており、生産品目を拡大させている。

また、保守および修理の受託事業も担当。他社製PCや電機製品の保守、修理も行っているほか、敷地内には、PCやPCサーバーなどの使用済み製品の再資源化処理を行うエフアイティフロンティアもある。いわば、生産から廃棄までをカバーする体制を持った拠点だといえる。

○生産ラインを間締め、柔軟な組立ラインに

国内のPC市場環境は、法人向けPC市場が回復基調にあるが、個人向けPC市場は依然低迷したままだ。また、富士通は、レノボグループとの事業統合を視野に入れたPC事業再編の動きもあり、これも同社の今後のPC事業を左右する要素となっている。

そうしたなか、富士通アイソテックでは、生産量の変動にも対応した柔軟性を持った組立ラインの構築と、生産性向上に継続的に取り組んでいる。

たとえば、富士通アイソテックが、2016年度から取り組んできたのが、生産ラインの間締め(省スペース化)だ。1人1人の作業スペースの考え方を見直すことで、組立ライン全体の長さを約3分の2にまで短くするというものだ。

富士通アイソテックのPC生産ラインではベルトコンベアを使用し、その上を組立用の作業台を移動させ、部品を組み付けて、次の工程の作業者へと移動させる仕組みを採用している。

その際に、実際の組立を行う「作業ゾーン」と、作業が遅れた時に追い込みをかける「追い込みゾーン」、そして、遅れた作業を別の人が支援してくれる「応援ゾーン」の3つで構成していたが、この3つのゾーンのうち、応援ゾーンを削減。これによって、全体のライン長を縮小した。

○組立ラインを半分に縮小、さらなる費用削減を見込む

富士通アイソテックの岩渕敦社長は、「ラインを短くすることで、ライン全体の動きが見やすくなり、問題を発見しやすいというメリットが生まれる。PCは作業者による工数差が少ないため、すべての工程に応援ゾーンが必要というわけでもない。その点では、ラインの間締めに取り組みやすいともいえる。だが、その一方で、間締めを行うには、作業者が複数の作業を行える多能工化する必要がある。ラインの長さを短くするには、作業者のスキル向上が大きく関係する」と語る。

富士通アイソテックでは、社員のスキル向上に向けたトレーニングも実施。1台ずつ異なるPCを生産する混流生産体制を維持しながら、ライン長の縮小に取り組んだというわけだ。

もちろん、単にライン長を短くするだけが目的ではない。これによって、空いたスペースを活用。外部倉庫に保管していた部品をここに置くことで、倉庫費用の削減、物流コストの削減、タイムリーな部品供給というメリットにつなげることができた。

「間締めによる効果は1年間を見て検証することになる」と岩渕社長は語るが、これにより、倉庫費用や物流費用は4分の1にまで削減できると見込む。

さらに、今後は、PCの組立ラインを従来の半分にまで縮小するほか、POSの組立ラインにもこの考え方を横展開することで、さらなる効果を見込む考えだ。

こうした取り組みが富士通のPCのコスト競争力を高めることにつながっている。

●XPサポート終了で導入されたPCが「2巡目」に

生産性向上については、前ページで触れたように、異なる仕様のPCを1台ずつ生産できる混流での組立ラインを実現している点も見逃せない。

現在生産ラインでは、6本のPC生産ラインが混流生産できるが、3年前に、デスクトップPCとPCサーバーの生産ラインを1つのフロアに統合。3本設置されているPCサーバーの生産ラインでも、デスクトップPCの生産を行えるようにしている。これにより、PCやPCサーバーの需要変動にあわせて、生産品目を変動させるなど、柔軟性を持った生産体制を実現しているのだ。

すでに、Windows XPの延長サポート終了にあわせて導入されたPCがリプレースに入る「2巡目」需要が始まっており、これが法人向けPCの出荷増につながっている。こうした需要変動にも対応できる体制が構築されているというわけだ。

富士通アイソテックでは、トヨタ生産方式をベースにした独自のFJPS(Fujitsu Production System)を展開。これにより、生産革新活動を長年にわたって続けてきた経緯がある。これまでにも、PCの製造手番の大幅な削減などの成果をあげているほか、従来は4本だったサーバーの生産ラインを3本に減らしながらも、同じ数量のサーバーを生産するといった効率化を図っている。

そのほか、2016年度から導入した機能型組織制度により、生産品目ごとに分かれていたために発生した重複業務を統合。統一した組織体制で運営を開始したことで、それぞれの生産品目ごとに蓄積されていた品質保証や生産管理のノウハウを共有でき、全体の品質向上や管理手法の底上げにもつながっているという。

○付加価値PCが増加、現場に課題も

富士通のPC事業を担当する富士通クライアントコンピューティングでは、2016年2月の分社化以降、4辺狭額フレームを採用したデスクトップPCを投入するなど、付加価値路線を推進している。富士通ブランドのPCの特徴を訴えることができるようになる一方で、付加価値が高まることで、生産現場では作業が難しくなっているのも事実だ。

富士通アイソテックの岩渕社長は、「富士通のPC事業が分社化して以降、付加価値型製品のラインアップが増加。デスクトップPC市場においても、付加価値路線を打ち出している。狭額縁のデスクトップPCが高い人気を誇っているのはその表れである」と前置きしながら、「これによって、生産ラインにおける組立工数が増加したり、これまで以上に高い組立精度が求められたりするようになっている。こうした課題を解決するために、開発部門と密に連携しながら、生産しやすい環境づくりに取り組んでいる」とする。

また、法人向けPCにおいては、生産時点でユーザー企業固有の設定やソフトウェアのインストールを行なうカスタムメイドプラスサービスを用意しており、富士通アイソテックでは、こうしたサービスにも柔軟に対応できる体制としている。事業部門との連携により、サービスメニューの広がりにも対応していく考えだ。

○AIの導入も視野、品質管理に活用

また、自動化への取り組みにも余念がない。

デスクトップPCやPCサーバーの組立ラインでは、仕様が異なる製品を1台ずつ生産する混流ラインとなっているため、大量生産に適した自動化が行いにくい環境にあり、むしろ、治具を活用した「からくり改善」の方が効果的だ。だが、その一方で、富士通アイソテックの自主事業に位置づけられるプリンタの生産ラインにおいては、生産品目ごとの仕様の変更が少ないため、自動化に向けた取り組みがスタートしている。

また、プリンタの場合は、富士通アイソテックにおいて、設計および開発を行っていることから、生産現場と直結した形で製品開発が進められる点も、自動化への取り組みはプラスの要素になる。現時点では、まだ試験的な要素が強いが、プリンタヘッドの組立工程や、筐体の組立工程において、自動化に向けた取り組みが開始されており、さらに、1階に設置された部品倉庫から組立ラインへの部品供給においても自動化を視野に入れているという。

もちろんPCの組立ラインにおいて、自動化をあきらめているわけではない。検査工程では、自動検査装置を導入し、品質向上などにつなげている。

また、あわせて生産ラインにおけるAIの活用も検討しており、今後、生産ラインでの品質管理などに活用する計画だ。「生産ラインから得られる様々な情報を活用することで、システムトラブルを未然に防ぐといった応用を期待している」という。

AIの活用については、富士通のAI開発組織との連携を進めており、製造現場におけるAIの活用の可能性を追求。富士通アイソテックでも導入を検討していくことになる。

●60年の軌跡を振り返る

富士通アイソテックは、今年、創立60周年を迎えた。

2017年7月には、福島市内で60周年記念式典を開催し、約340人の関係者が出席した。

富士通アイソテックは、1957年に、富士通とクロサワの共同出資により、黒沢通信工業として、東京・蒲田で操業を開始。1975年に現在、本社がある福島県伊達郡保原町に福島工場を開設。2003年に本社をここに移転している。現社名の富士通アイソテックとなったのは、1985年のことだ。

「これまでの60年間を振り返ると、様々な製品を生産してきたのが富士通アイソテックの特徴。新たなプロダクトにも挑戦できる風土を持っている」と、富士通アイソテックの岩渕社長は語る。

当初は1957年に印刷電信機、電子計算機用端末機の開発製造でスタート。その後、ファクシミリやプリンタなどの生産を手掛け、1994年から個人向けデスクトップPCの生産を開始。1999年からは法人向けデスクトップPCの生産を開始したのに続き、2001年からはPCサーバーおよびワークステーションの生産を開始している。2014年には、デスクトップPCの累計生産台数が2000万台を突破した。

そして、現在では、溶融金属積層方式を採用した金属3Dプリンタを独自に開発。「現在、ユーザビリティを高めるための改良を行っており、2017年12月までには正式に発売したい」とする。溶融金属積層方式は、切削加工や粉末金属積層方式に比較して、装置価格やランニングコストとなる材料費を低減できる点が特徴だ。

こうした60年の歴史を振り返りながら、岩渕社長は、「60年は、人で言えば、還暦。暦が1回転して、元に戻るということ。富士通アイソテックの歴史も、ひとまわりして、再スタートを切る1年になる」とする。

そして、「新たなことに挑戦する風土を醸成しながら、富士通グループの一員として、新たなIoT社会をリードする役割をモノづくりの観点から支えていきたい。そして、60年間のうち、42年間は福島の保原の地で事業を行ってきた。地元との結びつきや貢献もこれまで以上に力を注ぎたい」と力を込める。

数少ない国内のPCおよびサーバーの生産拠点のひとつとして、高い品質の製品を生産することができる富士通アイソテックは、これからも富士通のPC事業の拡大において、重要な役割を担うことになる。