フル出場を果たした長友佑都【写真:Getty Images】

写真拡大

 現地時間19日にセリエA第5節の試合が行われ、インテルはボローニャと対戦。先制されるもマウロ・イカルディの得点で追いつき、インテルは1-1の引き分けに終わっている。

 インテルに所属する日本代表DF長友佑都は先発出場を果たした。試合開始して32分、シモーネ・ヴェルディに豪快なシュートをゴール真正面から決められボローニャに先制されてしまう。それでも77分、イカルディがPKをしっかりと決めてインテルが同点に追いついた。

 結局、インテルとボローニャの試合は1-1の引き分けで終わっている。インテルはここまで開幕4連勝していたが、連勝記録がストップすることになった。長友はフル出場を果たしている。

text by 編集部