皆さんの中で「うそ」を一度もついたことがない人は、恐らくいないはずです。男女のコミュニケーションにおいても、うそは大きなテーマとして取り上げられることが多く、「男性はうそをつくのが下手」ともよく言われます。実際には、うそをつくのがうまいのは男性でしょうか、女性でしょうか。

 オトナンサー編集部では、対話によってうそを見抜く「人狼ゲーム」研究の第一人者で、東京福祉大学心理学部講師の丹野宏昭さんに聞きました。

あらゆる生物はうそをつく?

 そもそも、なぜ人はうそをつくのでしょうか。丹野さんによると、人間を含むさまざまな生物は何らかの形でうそをついています。

「たとえば、タヌキなどの動物は危険に遭遇すると『死んだふり』をします。また、昆虫や魚などの小動物も『擬態』によって外敵から身を隠しますが、これらも広く捉えれば、うその一種です。人間以外の動物は、自分の生命を守るためにうそをついていると言えるかもしれません」(丹野さん)

 一方で、人間は普段の生活で得をするためにうそをつくことが多いといいます。

「たとえば、『自分は有名人の△△と友達だ』などのうそは、周囲の評価が上がる可能性があるため、自分が利益を得るためのうそと言えます。また、本当は寝坊で遅刻したのに『道に迷っていた人を手助けしたから遅れた』などとうそをつくのは、自分を守り、不利益を避けるため。また、本当はそう思っていないのに相手を褒めるなど、人間関係を円滑にするためのうそもあります」

 ほかにも、他者を慰めたり、かばったりするためのうそも。このように人間は、自分の利益の獲得や不利益の回避、円滑なコミュニケーションや他者への気遣いのためにうそをつくことが多いのです。

男女ともに1日1〜2回程度のうそ

 それでは、男女によってうそのつき方に違いはあるのでしょうか。

「うそをつく目的に男女差があるという研究があります。海外の研究によると、男性は女性よりも利己的なうそ(自分のためのうそ)をつくことが多く、女性は男性よりも利他的なうそ(他人のためのうそ)をつくことが多いようです。うそをつく頻度に関しては男女で差がないとされています」

 男性も女性も1日平均1〜2回程度のうそをついている、との研究結果(2000年)もあるようです。

 次に、心理学的にうそをつくのが上手なのは男性と女性のどちらでしょうか。

「これまで、さまざまな研究がなされてきましたが、うその巧拙に大きな男女差はないようです。ただし、恋人同士などの場合、女性の方が男性よりも相手のうそを見破る確率が高いという研究結果もあります。女性はコミュニケーションの最中に、仕草や表情、声のトーンなどの非言語的情報を男性よりも敏感にキャッチしているため、うそを正確に判断できるのかもしれません」

 一方、女性は男性よりも他者の言葉を信じ込みやすい特徴があるようです。「たとえば、LINEやメールなど、相手の様子が見えないコミュニケーションの場合、女性は男性よりもうそをそのまま信じてしまう可能性が高いかもしれません」。

(オトナンサー編集部)