書籍「馮占海抗戦ドキュメンタリー」と「動かぬ証拠――中国を侵略した旧日本軍元兵士の証言」がこのほど、中国人民抗日戦争紀念館で刊行された。北京日報が報じた。

「馮占海抗戦ドキュメンタリー」は、「吉林省で初めに抗戦した将軍」とされる馮占海・将軍が挙兵して旧日本軍と戦った歴史を記録している。「九一八事変(満州事変)」勃発後の1931年10月中旬、馮将軍は、必勝を誓い旧日本軍と戦った。当時、馮将軍率いる吉林辺防軍軍署衛隊には3000人の兵士しかいなかった。その後、最多で10万人以上の兵士を率いて、100回以上の戦闘を繰り広げ、1万人以上が犠牲になった。そして、中国軍、国民の闘志を大きく刺激した。

「動かぬ証拠」の作者は、日中口述歴史文化研究会の田剛・秘書長と李素[木貞]・常務副会長。二人は、10年以上かけて、日本の元兵士やその遺族100人以上を実際に訪ね、その中国侵略戦争に関する証言や文献・史料を集め、まとめた。田剛秘書長は、「当時の侵略者自身が経験したこと、見たこと、聞いたことなどを通して、日本の軍国主義が中国を侵略した戦争犯罪を明らかにし、戦争に反対し、平和を大切にするよう多くの人に呼び掛けたい」としている。(提供/人民網日本語版・編集KN)