北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は19日、「核抑止力強化措置は正当であり、論難の種になりえない」と主張する署名入りの論説を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論説は、「米国がアジア太平洋地域に武力を増強している」とし、「アジア太平洋地域の諸大国を制圧し、同地域に自分らの支配権を樹立しようとする米国の戦略は過去も、現在も少しも変わっておらず、米国は共和国を侵略することを優先的な課題としている」と述べた。

また、「朝鮮半島と北東アジアの平和を保障しようとするのは、わが共和国の変わらぬ立場、目標である。これを実現できる道はただ一つ、強力な戦争抑止力で米国の核戦争策動を制圧することだけである」と主張した。

その上で、「現実は、わが国家をして戦争抑止力強化にいっそう拍車をかけることを求めている」と強調した。