ハメス・ロドリゲスの全ゴールに絡む活躍でバイエルンがシャルケに快勝《ブンデスリーガ》

写真拡大

▽バイエルンは19日、ブンデスリーガ第5節でシャルケとのアウェイ戦に臨み、3-0で快勝した。

▽前節マインツ戦をレヴァンドフスキのドッペルパックなどで4-0と快勝したバイエルンは、マインツ戦のスタメンから6選手を変更。負傷したGKノイアーとロッベンらが欠場となり、温存されたリベリやハメス・ロドリゲス、トリッソらがスタメンに戻った。

▽[4-2-3-1]を採用し、2列目に右からハメス・ロドリゲス、ミュラー、コマンと並べたバイエルンが、5バックを敷くシャルケ相手に立ち上がりから攻勢に出た。まずは8分、ルディのボレーシュートが枠を捉えるも、GKフェールマンのファインセーブに阻まれる。

▽続く10分にはハメス・ロドリゲスの浮き球パスに抜け出したボックス左のミュラーがシュート。しかし、ここもGKフェールマンに立ちはだかられる。

▽その後、22分にカウンターを受けてブルクシュタラーにゴール至近距離からシュートを打たれるもGKウルライヒが凌ぐ。すると23分、ボックス左のハメス・ロドリゲスのクロスがナウドのハンドを誘い、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によってPKを獲得した。これをレヴァンドフスキが決めてバイエルンが先制した。

▽さらに29分、ベンタレブからボールを奪ってショートカウンターに転じると、トリッソのパスを受けたボックス右のハメス・ロドリゲスがGKの逆を突いてゴール右に流し込み、追加点を奪いきった。

▽ハーフタイムにかけてもハメス・ロドリゲスを起点に試合をコントロールしたバイエルンが主導権を渡さずに2-0のまま前半を終えた。

▽迎えた後半も一方的な展開に持ち込むと、75分にハメス・ロドリゲスの浮き球パスに抜け出したビダルがボレーシュートを流し込んで3-0。バイエルンがハメス・ロドリゲスの全ゴールに絡む活躍で快勝している。