【閲覧注意】キスと同じ感触の食べ物がコンビニにあった! 何年もキスをしていないオッサンが検証

写真拡大 (全23枚)

キスとは好意を抱く異性同士(場合によっては同性も)で唇を重ね合い、気持ちを確かめ合う行為だ。映画やテレビドラマなどでも愛情表現のひとつとして頻繁にキスシーンが描かれているため、まだ恋愛をしたことがない子供たちはキスという行為に憧れを抱き、恋愛に興味を持ち始めるのである。



大人にもキスをする機会がない人がいる



そしてキスに憧れるのは、キスをしたことがない子供たちだけではない。大人でもパートナーがいなければ何年もキスをする機会から離れてしまってもおかしくないのである。

トリビアニュース編集部の近所に住む無職のオッサンもその一人。かれこれ5年くらいはキスをしていないそうで、先日飲み会の席で泣きながら「もうキスの感触も忘れちゃったなぁ……」と嘆いていた。あまりにも哀れである。



唇の代替品をコンビニで探してみた



とは言え、昨今の日本では離婚を経験する男女や、草食系男子と呼ばれる人が増加している。それだけにキスから遠ざかっている人も実はすごく多いかもしれない。

そこで記者は無職のオッサンとコンビニに行き、キスをしたら唇の感触を思い出せそうな食べ物を物色。柔らかそうな食べ物をいろいろと取り揃えてみた。オッサンにひとつずつキスをしていってもらい、どの食べ物なら唇の代わりになり得るのかを検証してみることにする。



1品目 大福タイプのアイス



まずは人気アイス「雪見だいふく」からチャレンジだ。食感の柔らかさはお墨付き。2個を重ねれば唇のようになるはずだ。



早速雪見だいふくとフレンチキスを交わす無職のオッサン。しかし反応は今イチ。どうやら柔らかさやしっとりとした感触は唇っぽかったようだが、冷たすぎてどうしても人間の唇だと思い込めなかったそうだ。まるで死体とキスをしているかのようだったとのこと。それは確かに興奮できない……。

柔らかさ:★★★★★

興奮度 :★

総合評価:★



2品目 黄桃(缶詰)



続いては黄桃の缶詰にチャレンジ。雪見だいふくでいきなり興醒めしてしまったオッサンのやる気を呼び戻すことはできるのだろうか。



冷めた表情で黄桃と唇を重ね合わせたオッサンだったが、なんといきなりスイッチオン! 激しく舌を動かし始め、桃全体を咥える濃厚なディープキスをし始めた……!! これは気持ち悪い……!!



どうやら黄桃の表面がしっとりしていることが潤った唇を思い出させたようで、つい激しく興奮してしまったのだろう。ただし黄桃と長時間キスをしていると唇の周りが荒れるようだ。それ以外は完璧と言ってもいいのかもしれない。

柔らかさ:★★★★

興奮度 :★★★★★

総合評価:★★★★★



3品目 魚肉ソーセージ



一気にオッサンがゾーン状態に突入したため、このまま一気に検証を進めていく。3品目は魚肉ソーセージだ。2本重ねて唇を想定した状態でキスをしてもらう。



かなり面白い絵面となったが、こちらはオッサンの反応はいまひとつ。表面がつるつるしすぎているのと、ほのかに香る魚類の匂いが唇のイメージを遠ざけてしまったようだ。

柔らかさ:★★

興奮度 :★★

総合評価:★★



4品目 ちくわ



続いても魚肉ソーセージと近いジャンルの食べ物であるが、ソーセージよりも唇に触れる面積が広い。そして人肌と同じくらいの温度に加熱してからのチャレンジだ。



オッサンはちくわと唇を重ねた瞬間に開口一番「おっ、ソーセージよりいいッス!」と興奮! 唇に触れる面積の大きさもプラスに働いたようだが、ちくわ表面のゴワゴワした部分が唇の荒れている冬場の女性を連想させるようだ。マニア向けである。

柔らかさ:★★

興奮度 :★★★★

総合評価:★★★



5品目 すあま



和菓子代表として「すあま」が参入。あんこの入っていない大福のようなものである。柔らかさは一級品だが、唇を重ねてみるとその反応はどうなるか。



オッサンはすあまを手に取り、ふたつに折ったところで「こんなタラコ唇のやついるかよ」と爆笑。そしてオッサンは笑いをこらえながらもすあまに優しくキスを交わす。



するとどうだろう。オッサンの笑いがスッと収まり、すあまと唇を優しく重ねたまま微動だにしなくなってしまった。感想を尋ねてみると「これはヤバイ。優しいッス。吸い込まれるような感覚だったッス。もしかしたらものすごいタラコ唇の人とのキスは最高に気持良いのかも……」とのこと。どうやらすあまとのキスは相当癒やしを感じられるようだ。

柔らかさ:★★★★★

興奮度 :★★★★

総合評価:★★★★★



6品目 フルーツのグミ



続いてはぷるんとした食感が唇っぽそうな果汁グミ。しかも温州みかん味はふたつ重ねれば形も唇そのもの! 再現度の高さに期待をせざるを得ない。



ところがこちらも記者の予想に反してオッサンの反応は微妙。感触は悪くないが、小さすぎて赤ちゃんとキスしているような感覚になってしまうようだ。どうやら食べ物で唇の代替をする場合、唇に触れる面積の大きさはかなり重要なポイントとなるようである。

柔らかさ:★★★

興奮度 :★

総合評価:★★



7品目 ハイチュウ



次は名前的には最も代替品になりそうなお菓子、ハイチュウである。しかしこちらもやはりサイズの小ささがネックとなってしまうのだろうか。



やはり唇に触れる面積が少なく、なんともひどい絵面の写真が撮れてしまった。しかしグミよりもハイチュウのほうが唇に張り付いてくる粘着性があり、それが意外にもリアルだったそうだ。

柔らかさ:★★★

興奮度 :★★★

総合評価:★★★



8品目 ナン



オッサンのキス顔ばかりが続いているのにここまで読み進めてくれている読者は相当な物好きなのだろう。残り2品なので安心していただきたい。ホカホカに温めたナンは唇になり得るだろうか。



ナンと唇を重ねたまま「うーん……」とうなりはじめてしまったオッサン。「こんな感じの唇、ありそうな気はするッスけど、どうも興奮はしないんスよね……」と微妙な反応だった。何が悪かったのかは本人も把握できていない。なんとなく微妙な唇、それがナンのようである。

柔らかさ:★★

興奮度 :★★

総合評価:★★



9品目 プリン



最後はプリンにキスをしてもらってフィニッシュだ。雪見だいふくの反省を活かし、常温で保存することで少しでも唇に温度を近づけてみたが、反応はどうだろうか。



オッサンはプリンの容器に唇を思いっきり突っ込むとなにやら興奮した様子で、プリンが顔にプッチンしてしまうのではないかと言うほどに容器の角度を上げた。どうしたのか尋ねてみると「プリンの崩れてしまいそうな儚さがすっげえ唇っぽいッス!! 好きすぎる女の子にそっとキスするような感覚ッス!! これはヤバイッス!!」と大興奮! さすがにプリンは柔らかすぎるかと思いきや、その柔らかさが妄想を膨らませ、意外にもプリンが最もキスを連想させるという評価となった。

柔らかさ:★★★★★★★★★★

興奮度 :★★★★★★★★★★

総合評価:★★★★★★★★★★

オッサンは大満足した様子



さすがに今回の検証はオッサンに悪いなと思いながらやらせてしまったのだが、たくさんの唇の代替品とさまざまなキスを交わせたオッサンは意外にも大満足した様子であった。特に今回評価が高かったプリン、黄桃、すあまなどはかなりの興奮を得られるようなので、キスをしたいけど相手がいないという人は試してみてもいいのかもしれない。いずれもコンビニで簡単に購入できるのも嬉しいポイントだ。

■執筆・監修:Mr. Fox

執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_fox/