インテル、ボローニャにドローで連勝ストップ…先発復帰の長友はフル出場

写真拡大

 セリエA第5節が19日に行われ、ボローニャと長友佑都が所属するインテルが対戦した。

 前節の出場でインテルでの通算200試合出場を達成した長友は第2節ぶりにスタメンに復帰している。

 その長友は24分、ドリブル突破を仕掛けたイヴァン・ペリシッチのこぼれ球に反応し、左足でスピードのあるシュートを打つなど存在感を見せる。しかし先制したのはホームのボローニャ。32分、インテル陣地の中央付近で前を向いたシモーネ・ヴェルディがゴール前まで持ち上がり、左足を振り抜くと強烈なシュートがゴール左に突き刺さった。

 インテルは74分、ペナルティエリア内でエデルが倒されてPKをゲット。きわどい判定ではあったがマウロ・イカルディがきっちり決めて試合を振り出しに戻した。

 試合はこのまま終了。インテルは開幕から続いていた連勝が4でストップしている。なお先発した長友はフル出場を果たした。

 次節、ボローニャは24日にアウェイでサッスオーロと、インテルはホームでジェノアと対戦する。

【スコア】
ボローニャ 1−1 インテル

【得点者】
1−0 32分 シモーネ・ヴェルディ(ボローニャ)
1−1 76分 マウロ・イカルディ(インテル)