レスター岡崎、勝利に導く1ゴール1アシスト! リヴァプール下し4回戦進出

写真拡大

 フットボールリーグ・カップ(EFLカップ)3回戦が19日に行われ、岡崎慎司が所属するレスターがリヴァプールが対戦した。

 岡崎はベンチからのスタート。レスターのFWはイスラム・スリマニ、レオナルド・ウジョアという組み合わせになった。

 試合はフィリペ・コウチーニョやドミニク・ソランケを中心にリヴァプールが攻める展開。しかしレスターも粘り強い守備でゴールは割らせず前半をスコアレスで折り返した。

 後半に入り8分が経過したところでレスターは岡崎をウジョアに代えて投入。するとのその岡崎が66分、ビセンテ・イボーラの落としをエリア内で受けると、ワントラップし右足でゴール左に流し込んだ。

 さらに78分、スローイングの流れから左サイドで前を向いた岡崎がスリマニにパス。スリマニはゴール前まで持ち込み、左足を振り抜くとボールはゴール左上に突き刺さった。

 試合はここで終了のホイッスル。代わって入った岡崎が1ゴール1アシストと大活躍、劣勢だったチームを勝利に導いた。

 岡崎は試合後のインタビューに登場。ゴールは「ラッキーだった。DFに当たったというのもあった」と振り返った。2点目のアシストには「スリマニは質の高いプレイヤー」と称賛している。またこの活躍で岡崎はMOM(マンオブザマッチ)に選ばれた。

 4回戦(ベスト16)の組み合わせは後日発表される。

【スコア】
レスター 2−0 リヴァプール

【得点者】
1−0 66分 岡崎慎司(レスター)
2−0 78分 イスラム・スリマニ(レスター)