自閉症の少女からペットは取り上げられてしまうのか?(画像は『Mirror 2017年9月14日付「Autistic girl's heartbreaking letter to council bosses who want her to get rid of all her pets after neighbours' complaints」(Image: SWNS.com)』のスクリーンショット)

写真拡大

自閉症の少女にとって、飼っているペットは唯一心許せる存在だった。ところがそんなペットを近隣住民の苦情により手放さなければならないという危機に直面しており、話すことができない少女は手紙で協議会に心情を訴えた。『Dairy Record』『Mirror』など複数のメディアが伝えた。

クロエ・アームストロングちゃん(12歳)は、母のローナさんと6匹の猫と1匹の犬、数匹の熱帯魚を連れてスコットランドのダンディーに2年前に引っ越してきた。クロエちゃんは深刻な不安症を患っており、昨年には自閉症と診断されたという。

人と接することや話すことが苦手で、バスに乗ると失神してしまうほどのクロエちゃんは、学校へ通う以外は一切外出しないと母のローナさんは明かす。誰かが話しかけてもローナさんを通してしか会話ができないクロエちゃんにとって唯一、心を許せる存在はペットだった。

ところがこのほど、市の協議会からそのペットを手放すようにと通告を受けた。協議会が管理する物件では本来、ペットを飼うことに対して厳しい規則が敷かれている。複数の近隣住民から「ローナさんの家には13匹もの猫がいる」と苦情があったことから、10月1日までに飼っているペットのうちの猫5匹を手放すようにと言われたのだ。

「確かに一時期は14匹の猫がうちにいました。それは子供を生んだからです。でもクロエは1匹だけ手元に残して後は別の飼い主を探して、仔猫はもらわれていきました。協議会は娘の症状を考慮して1匹だけは飼ってもいいと言っていますが、娘にしてみればペット全てが友達のような存在で、大きな癒しになっているのです。娘はとても悲しんでいて手紙を協議会職員に書いたのですが、残念ながら却下されてしまいました。このままではあの子は激しく傷つき、病が悪化してしまいます。」

このように話すローナさんだが、住民とのバトルはこの親子が引っ越してきた2年前からすでに勃発していたようだ。ローナさんは今後、6フィート(約1.8メートル)のフェンスを裏庭に設置しペットが野放し状態にならないように配慮することで、苦情を言う住民をなだめることができるのではと期待しているようだが、ダンディー市協議会のスポークスマンは「我々はすべての居住者に対して平等に対処する義務があります。このことに関しては同意書にも記載されており、物件を貸す前に皆さんにサインをもらっているはずです」と述べている。

複数のペットを飼う人にとっては数の問題ではなく全てのペットに愛情があり、1匹だけ残して他を手放すことは苦渋の決断を強いられるも同然なのだろう。しかしこのニュースを知った人々からは「自閉症でペットがなによりの癒しという気持ちは理解できなくもないけれど、やはり近所の迷惑も考慮されるべきだと思う」「ペットを飼うことが禁止されているのであれば、1匹だけ飼ってもいいというのは優しい配慮に思えるけど」「自閉症だからって自分の思い通りにしたいというのが間違っている。協議会は正しいことを言っているだけ」「たかが6フィートのフェンスなんか設置したって猫なんだから上るに決まってるだろう」「でも自閉症の人にとってペットを奪われるのは深刻な問題よ。もっと考えてあげてもいいんじゃないの」「私も自閉症だけど、たくさん動物を飼ってるわ。協議会は残酷だと思う」といった賛否両論の声があがっている。

画像は『Mirror 2017年9月14日付「Autistic girl's heartbreaking letter to council bosses who want her to get rid of all her pets after neighbours' complaints」(Image: SWNS.com)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)