会場には女性専用席も設置される/※画像はイメージ(過去開催時のもの)

写真拡大

“とことん女性に特化した女性のためのラーメンイベント”をテーマに、日本全国から女性向けのラーメンが一堂に会すグルメイベント「ラーメン女子博」。2015年3月に横浜の「横浜赤レンガ倉庫」で始まったこのイベントは、その規簿を拡大しついに名古屋でも開催されることとなった。「ラーメン女子博 in 名古屋2017」は2部制となっており、第1部が10月26日(木)から10月30日(月)まで、第2部が11月1日(水)から11月5日(日)まで「矢場公園」(名古屋市中区)で開かれる。

【写真を見る】出品されるラーメンと同じビジュアルのケーキも登場!/※画像はイメージ(過去開催時のもの)

この「ラーメン女子博」は、年間600食以上のラーメンを食べるという愛知県出身のラーメン大好き女子・森本聡子氏がイベントプロデューサーを務めるイベント。会場には女性目線で全国から選りすぐったラーメンが集結し、各店自慢のラーメンが1杯900円で味わえる。また人目を気にせずラーメンを食べられる女性限定エリアの設置や、“美”を意識したスイーツ、美容コンテンツなど、このイベントならではの楽しみ方があるのが特徴だ。もちろん女性に限らず、男性も入場できる。

■ 第1部の注目ラーメンはコレ!

そんな「ラーメン女子博 in 名古屋2017」に出店する18店のなかから、各部の注目店をピックアップ!第1部からは、「Voyage Soup Noodle RAIK」「麺処ぼたん× 麺堂稲葉」「麺処 若武者」の3店を紹介したい。「Voyage Soup Noodle RAIK」は、東京の人気ラーメン店「麺場voyage」と、カツオをテーマにしたラーメンが人気急上昇中の「Bonito Soup Noodle RAIK」がコラボしたイベント限定の店。両店とも女性に人気のあるラーメン店で、会場では現代風にアレンジされたラーメンが楽しめる。「麺処ぼたん× 麺堂稲葉」は、栃木県の「麺処ぼたん」と茨城県の「麺堂稲葉」の北関東コラボ店。「麺処ぼたん」自慢の自家製麺と、「麺堂稲葉」自慢の鶏白湯スープをかけ合わせた“究極の佐野ラーメン”を目指して開発中だという。さらに注目したいのが、国内外で数々の賞を獲得し、世界を舞台に活躍する福島県の名店「麺処 若武者」だ。同店では、福島県産3大鶏をスープに使い、鶏の旨味と香りを最大限に活かした「福島鶏白湯」のラーメンを販売するという。

■ 第2部の注目ラーメンはコレ!!

一方の第2部では、「黄金の塩らぁ麺 ドゥエ イタリアン」「セアブラノ神」「麺家獅子丸×中華蕎麦 生る」のラーメンに期待したい。「黄金の塩らぁ麺 ドゥエ イタリアン」はミシュランガイドにも掲載された実績を持つ東京の店。看板メニューの「黄金の塩らぁ麺」にチーズをプラスした「らぁ麺フロマージュ」は、鶏と野菜の旨味の詰まった塩スープとチーズの相性が絶妙な一品。また、上海やカナダ、ロサンゼルスに拠点を持ち、京都に本店がある「セアブラノ神」。この店では、上海店の人気メニュー「セアブラノ肉盛味噌ラーメン」を逆輸入し、アレンジを加えたラーメンを販売する。西京白味噌を使い、味玉と花型の生麩で、はんなりとした雰囲気のラーメンに仕上がったという。

■ 名古屋の人気ラーメン店も出店!

また、名古屋市内の人気店も登場!2016年にオープンした人気店「麺家獅子丸」と「中華蕎麦 生る」もコラボ店「麺家獅子丸×中華蕎麦 生る」が出店する。新進気鋭と言える両店の合同制作ラーメンにも注目したい。

ここで紹介した店以外にも、注目の店が軒を連ねる「ラーメン女子博 in 名古屋2017」。「カロリーが気になる!」「ラーメン店に女性だけでは入りづらい!」と普段ラーメンを敬遠している女性にもオススメしたいイベントだ!【東海ウォーカー/淺野倫孝】