【得点経過】
1-0:ラファエル(57分、エルヴェディ)
2-0:ラファエル(74分PK、アザール)

【試合スタッツ】
浅野拓磨、〜62分:
シュート数0、アシスト性のパス1、タッチ総数23、総走行距離8.38km、対人戦勝率22%、パス成功率57%

【試合後コメント】
ディーター・ヘッキング(監督:グラードバッハ)「前半に関しては思わぬ展開となった。我々の方にはシュトゥットガルトを苦しめるために、必要なパススピードにかけてしまっていたよ。後半からはうまく合わせられるようになって、パフォーマンスが向上した。うまく切り抜けられたことに大きな賛辞をおくりたい」

ハネス・ヴォルフ(監督:シュトゥットガルト)「オフェンシブに構えてグラードバッハを走らせるというプランを持っていた。しかしそれではうまくいかないと、早い段階で気づいたよ。そして見事なプレーによって、先制ゴールを割られてしまった。それからはオープンな展開となってしまい、我々の方は最後まで得点することができなかったよ」

【先発メンバー】