【ブンデス第5節プレビュー】水曜に大迫ケルンvs長谷部フランクフルト、酒井高HSVvs香川ドルトムント

写真拡大

▽先週末に行われた第4節ではバイエルンが武藤のマインツを、ドルトムントが大迫のケルンをそれぞれ一蹴して勝利を取り戻した。迎える第5節はミッドウィークに開催され、水曜日に大迫ケルンと長谷部フランクフルト、酒井高のハンブルガーSVと香川ドルトムントによる日本人対決が行われる。

▽ドルトムント戦では中盤で起用されたものの守備に忙殺されて何もできなかった大迫は、チームを開幕4連敗の泥沼から救うことはできなかった。大迫は引き続き先発予想となっているが、相棒のコルドバと共に長谷部が軸となっているフランクフルト守備陣からゴールをこじ開けることはできるか。

▽一方、前節アウグスブルク戦ではボランチとしてフル出場した長谷部は、チームを1-2の敗戦から救うことはできなかった。内容的には押し込む展開としたものの、FKとファインゴールに沈む形となった。引き続き、守備のバランスを取ることが長谷部には求められるが、大迫が前線で起点となるケルン攻撃陣を封殺できるか。

▽2試合連続途中出場となったハンブルガーSVの酒井高だが、チームは前節ハノーファー戦を0-2で落とし、今季2敗目を喫した。その酒井高は今節もベンチスタート予想となっているが、格上ドルトムント相手にリードしている状況でクローザーとしての役割を果たしたいところだ。

▽一方、前節ケルン戦をオーバメヤンとM・フィリップのドッペルパックで5-0と大勝したドルトムントは、3勝1分けスタートとした。出番のなかった香川は今節もベンチスタート予想だが、守備に徹してくることが予想されるケルン相手にゴールが欲しい状況で投入された際には期待に応えたい。

▽マインツに4-0と快勝して白星を取り戻したバイエルンは、火曜日にシャルケとのアウェイ戦に臨む。温存されたリベリやハメス・ロドリゲス、トリッソらがスタメン予想となっている中、フレッシュな面々のパフォーマンスが鍵を握りそうだ。

▽内容は芳しくないものの、3勝1敗と好スタートを切ったシャルケとしては王者相手に善戦することで自信を深めたい。

▽その他、バイエルン戦ではまさかのベンチスタートとなったマインツの武藤はホッフェンハイムとのホーム戦を戦い、ここ3試合途中出場となっているシュツットガルトの浅野はボルシアMGとのアウェイ戦を、途中出場が続くヘルタ・ベルリンの原口はレバークーゼンとのホーム戦に臨む。

※スタメン予想はドイツ『キッカー』を参照

◆ブンデスリーガ第5節

▽9/19(火)

《25:30》

ボルシアMG vs シュツットガルト

《27:30》

ヴォルフスブルク vs ブレーメン

アウグスブルク vs ライプツィヒ

シャルケ vs バイエルン

▽9/20(水)

《25:30》

ケルン vs フランクフルト

《27:30》

マインツ vs ホッフェンハイム

フライブルク vs ハノーファー

ハンブルガーSV vs ドルトムント

ヘルタ・ベルリン vs レバークーゼン